シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中谷美紀、またもや中島哲也監督に恨み節?

中谷美紀、またもや中島哲也監督に恨み節?
中島哲也監督に恨み節をこぼした中谷美紀

 28日、映画『渇き。』公開記念舞台あいさつが、TOHOシネマズ日本橋にて行われ、役所広司、小松菜奈、橋本愛、中谷美紀、中島哲也監督が登壇した。本作が長編映画初出演となった小松が現場で中島監督の優しさに触れたエピソードを語ると、以前、映画『嫌われ松子の一生』で主演として中島監督から厳しい叱咤(しった)激励を受けた中谷は首をかしげて「監督の口癖は『クソ』『ぶっ殺す』でしたよね」と発言し、会場を沸かせた。

 役所ふんする父親から首を絞められるシーンで、小松が中島監督から「大丈夫か?」と優しい言葉をかけられたことで涙を見せたというエピソードが語られると、映画『告白』に続き2度目の中島組となった橋本も「役者さんへの愛が大きい方」と中島監督の愛のある部分を強調する。

 そんな若手女優たちの評価に中谷は不思議顔で中島監督の顔をのぞく。すると中島監督は「僕を鬼みたいに言うのは中谷さんだけ。他のみんなには優しいんですよ」と得意顔。苦い顔をした中谷は「監督の口癖は『クソ』『ぶっ殺す』でしたよね」と反撃しつつも「でもこう見えてシャイで弱いところがあって、実は良い方。当時、わたしは未熟にもかかわらず演出に歯向かったりしていましたが、小松さんは力が抜けていて、監督が望んでいるのはこういう感じだったのかなって思いました。でも今はとても感謝しているんですよ」と笑顔で当時を振り返っていた。

 一方、美しい女優陣に暴行の限りを尽くす男を演じた役所は「山の手の奥様のような中谷さんに乱暴するのは悲しかったですが、監督から『もっと暴力的に』と言われるのでやってしまいました。みなさんへの激しいシーンに胸が痛かったです」と胸の内を明かすと、中島監督は「役所さんの好感度を下げて、僕の好感度を上げる作戦ですね」と子供のような笑顔を見せていた。

 本作は、第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』の中島哲也監督が映画化。学校でも優等生で評判だった娘の失踪をきっかけに暴走する父親を通して、人間の持つ狂気と脆さを描いたエンターテインメント作品。(磯部正和)

映画『渇き。』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 6月
  4. 28日
  5. 中谷美紀、またもや中島哲也監督に恨み節?