シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

神田沙也加、1,000人のアナ雪ファンと「生まれてはじめて」を熱唱!またアナとして……と短冊に願い!

神田沙也加、1,000人のアナ雪ファンと「生まれてはじめて」を熱唱!またアナとして……と短冊に願い!
会場のファン全員と「生まれてはじめて」を熱唱した神田沙也加

 6日、日本語吹き替え版でアナ役を務めた女優の神田沙也加が、恵比寿ザ・ガーデンホールにて行われた『アナと雪の女王』MovieNEX発売記念イベントに出席し、ハンス役の津田英佑、クリストフ役の原慎一郎、幼少期のアナを演じた諸星すみれ、稲葉菜月、そして会場に集まった約1,000人のアナ雪ファンと共に、劇中歌「生まれてはじめて」を大合唱した。

 会場のファンは登壇ゲストを知らされていなかったため、司会者から神田が呼ばれると、場内は大歓声に包まれる。世界中でヒットし、日本でも1,900万人以上の観客動員数を記録している本作について神田は「この作品に携わることができて、あらゆることが変わりました」と感慨深い表情で語ると「全国で色々な人と会う機会に恵まれ、街でも『神田さん』じゃなくて『アナ!』って声を掛けていただくことも多いんです」と作品の反響のすごさを実感していることを述べていた。

 ハンス役の津田も「映画が公開されたら、隣近所の人が、僕の所に来て『ハンスでしょ』って言うんですよ。この作品がどれだけ皆さんに愛されているかを実感しています」と語ると、クリストフ役の原も「たくさんの人に作品を愛してもらえて感動しています」としみじみ。津田が「とびら開けて」、原が「トナカイのほうがずっといい」を披露すると、場内は大歓声に包まれた。

 ラストは神田をはじめ登壇者、会場のファン全員で「生まれてはじめて」を熱唱。壇上で表情豊かに歌い上げた神田は「こんなに大勢で『生まれてはじめて』を歌ったことがなかったので感動しました」と表情を崩すと「これからも『アナと雪の女王』を愛してください。そしてまた、アナとして話す機会がありますように」と短冊に願いを込めていた。

 本作は、第86回アカデミー賞で歌曲賞・長編アニメ映画賞をダブル受賞するなど世界中で大ヒットを遂げたミュージカルアニメーション映画。日本でも7月1日現在、興行収入242億円、観客動員数1,906万人を突破するなど、社会現象となっている。(磯部正和)
 
『アナと雪の女王』MovieNEXは7月16日より発売(税込:4,320円)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 6日
  5. 神田沙也加、1,000人のアナ雪ファンと「生まれてはじめて」を熱唱!またアナとして……と短冊に願い!