シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

二階堂ふみ、ニューヨークで賞を受賞!流ちょうな英語でスピーチ

二階堂ふみ、ニューヨークで賞を受賞!流ちょうな英語でスピーチ
第13回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞した二階堂ふみ - photo by Mayumi Nashida

 映画『私の男』の二階堂ふみが現地時間9日、第13回ニューヨーク・アジア映画祭でライジング・スター賞を受賞した。200名を超える観客に大きな歓声と拍手で迎えられた二階堂は、スクリーン・インターナショナルのマーク・アダムス氏からトロフィーを授与されると、流ちょうな英語で「皆さんこんにちは、日本から来た二階堂ふみです。このような賞を頂けて光栄です」とあいさつした。二階堂はこの日の受賞スピーチを全て英語で行った。

 ニューヨーク・アジア映画祭は北米有数のアジア映画祭。ライジング・スター賞はこれからの活躍が期待される若手俳優に贈られる賞で、日本からはこれまでに山田孝之と長澤まさみが同賞を受賞している。

 ニューヨークの観客を前に「ニューヨークはわたしにとって特別な街です。少し前に2か月程滞在していましたし、わたしの好きな俳優であるスティーヴ・ブシェミやエイドリアン・ブロディの故郷で、偉大な映画監督ジョン・カサヴェテスもここニューヨークで多くの作品を撮っているからです」とニューヨークへ抱く特別な思いを打ち明けた二階堂。

 続けて「本作『私の男』との出会いは運命的なものでした。熊切(和嘉)監督と初めて会ったとき、何か特別なものと恋に落ちた気持ちになりました。それ以来、ずっと監督と魂のこもった作品を作りたいと思っていました。この年齢だからこそ撮れるものだった、という意味でも非常にわたしにとって重要な作品になっています。タブーを破っている点においても、とても印象的な作品だと思います。熊切監督、浅野(忠信)さん、他の出演者・スタッフの皆さん、家族、ファンの皆さんに感謝します」とにこやかに受賞の喜びを語った。

 『私の男』は、桜庭一樹の直木賞受賞作を基に、孤児となった少女(二階堂)と、彼女を引き取ることになった遠縁の男(浅野)の禁断の愛を描いたサスペンス。先月開催された第36回モスクワ国際映画祭では、最優秀作品賞と最優秀男優賞(浅野)をダブル受賞する快挙を達成した。(編集部・市川遥)

映画『私の男』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 11日
  5. 二階堂ふみ、ニューヨークで賞を受賞!流ちょうな英語でスピーチ