シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『バクマン。』実写版ヒロイン決定!『渇き。』小松菜奈が大抜擢!

『バクマン。』実写版ヒロイン決定!『渇き。』小松菜奈が大抜擢!
原作の亜豆美保(左)と亜豆を演じる小松菜奈 - (C) 映画「バクマン。」製作委員会 (C) 大場つぐみ・小畑健 / 集英社

 週刊少年ジャンプ(集英社)で連載された人気コミックの映画化作品『バクマン。』で、佐藤健演じる主人公・真城最高が思いを寄せるヒロイン・亜豆美保役に、映画『渇き。』の女子高生役が話題を呼んでいる女優の小松菜奈が抜てきされたことが明らかになった。

 中島哲也監督の『渇き。』では、ヒロイン役をオーディションで射止め、見事長編映画デビューを果たした小松は、今回もオーディションで大根仁監督らスタッフの心をつかんだ。役柄については「亜豆は自分の意思をしっかり持っているピュアな女の子で、男性がイメージする理想の女性のように思います。自分で決めた一つの大きな夢に向かって頑張っている姿がとても真っすぐで、共感しながら演じました」とコメント。

 また声優を目指す亜豆を演じるにあたって小松は、アフレコシーンにも挑戦。撮影前には「声優という役柄を演じられるかとても不安」と自ら監督へレッスンを希望。プロの声優からレッスンを受け、「撮影時には少しは上達したかなと思います」と自信を見せる。

 初共演となる佐藤については「緊張しているわたしに優しく話し掛けてくださり、とても安心して楽しんで撮影できました」と語っており、「最高と亜豆のピュアで甘酸っぱいシーンも、楽しみにしてください。頑張って演じた作品なので、多くの皆さんに観ていただきたいです」と公開を心待ちにするファンに向けてメッセージを送った。

 映画『渇き。』では、ミステリアスな美貌と色気、狂気の入り混じった役柄を演じた小松だったが、本作ではピュアな恋愛を夢見る乙女という180度違う役どころに挑戦。『渇き。』における小悪魔イメージを一新させることになるであろう小松の演技に期待したい。

 本作は漫画「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健による大ヒットコミックを、『モテキ』で日本映画に新風を吹き込んだ鬼才・大根監督が映画化。佐藤演じる作画担当の真城とコンビを組んで少年ジャンプ連載を目指す原作担当の同級生・高木秋人役は、『桐島、部活やめるってよ』などで幅広く活躍中の若手実力派、神木隆之介が務める。(編集部・森田真帆)

映画『バクマン。』は2015年全国東宝系にて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 14日
  5. 『バクマン。』実写版ヒロイン決定!『渇き。』小松菜奈が大抜擢!