シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『マレフィセント』興収40億円突破!今年公開の洋画実写作品で初めて!『アナ雪』は公開20週目で圏外に【映画週末興行成績】

『マレフィセント』興収40億円突破!今年公開の洋画実写作品で初めて!『アナ雪』は公開20週目で圏外に
映画『マレフィセント』が今年公開の洋画実写作品で初めて興収40億円突破! - (C) 2014 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 興行通信社が28日に発表した土日2日間(26日~27日)の全国映画動員ランキングでは、全国427スクリーンで公開された映画『GODZILLA ゴジラ』が動員33万9,048人、興収5億844万9,700円を記録し、初登場1位に輝いた。公開4週目を迎えた『マレフィセント』は2位。累計興収は40億5,328万円となり、2014年に公開された洋画実写作品で初の興収40億円超え作品に。配給のディズニーは、本作が『レ・ミゼラブル』(2012)以来、初めて洋画実写作品で50億円を超える興行となり、最終興収は60億円となることを見込んでいる。

 ついに日本公開となった『GODZILLA ゴジラ』の初日25日を含む3日間の動員は45万9,860人、興収は6億8,348万3,500円。男女比は84対16と男性客に圧倒的な支持を受け、40代以上の往年のゴジラファンと見られる観客を中心に若い層まで幅広く集客した。ローランド・エメリッヒ監督がメガホンを取った初のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(1998)(配給収入30億円、興収は推定55億円)にどこまで迫れるかにも注目だ。

 先週首位デビューを飾った『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』は3位にランクダウンとなったが、累計動員91万9,875人、累計興収9億8,893万3,900円と興収10億円も間近。スタジオジブリの新作『思い出のマーニー』も5位にランクダウンしたが、累計動員81万3,046人、累計興収10億4,851万7,300円とこちらは早くも興収10億円の大台を突破している。

 関ジャニ∞主演のヒーローアクション第2弾『エイトレンジャー2』は5位に初登場。全国160スクリーンで公開され、土日2日間の成績は動員9万3,633人、興収1億2,476万3,200円を記録した。前作興収比は約79パーセントでまずますの成績といえる。

 また、全国254スクリーンで公開された『幕末高校生』は9位デビューで、動員3万9,085人、興収5,101万3,200円。さらに今年上半期の目玉だった『アナと雪の女王』は11位となり、公開20週目にしてベストテン圏外に落ちた。

 今週末は『るろうに剣心 京都大火編』『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』などが公開予定となっている。(文中の数字は興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2014年7月26日~7月27日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(NEW)『GODZILLA ゴジラ』:1週目
2(2)『マレフィセント』:4週目
3(1)『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』:2週目
4(3)『思い出のマーニー』:2週目
5(NEW)『エイトレンジャー2』:1週目
6(4)『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』:2週目
7(6)『好きっていいなよ。』:3週目
8(7)『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』:2週目
9(NEW)『幕末高校生』:1週目
10(5)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』:4週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 『マレフィセント』興収40億円突破!今年公開の洋画実写作品で初めて!『アナ雪』は公開20週目で圏外に