シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小栗旬&メイサ、ルパンと不二子の掛け合いを生披露!

小栗旬&メイサ、ルパンと不二子の掛け合いを生披露!
生掛け合いを披露した黒木メイサと小栗旬

 俳優の小栗旬と黒木メイサが4日、有楽町の東京国際フォーラムで行われた映画『ルパン三世』のワールドプレミアに出席し、約4,000人のファンの前でルパン&不二子の掛け合いを生披露した。この日のイベントには、玉山鉄二、綾野剛、浅野忠信、ジェリー・イェン、キム・ジュン、山本又一朗プロデューサー、北村龍平監督も来場した。

 「ルパン三世」実写化プロジェクトとして話題の本作。大勢の観客の前に立った小栗は「頑張って作った作品なので、皆さまに受け入れてもらえるのかドキドキしています。でも、ワクワク楽しんでいただける映画だと思います」とあいさつ。

 さらに、ルパンの役づくりについて「マンガやアニメ、いろいろな時代のルパンがあるので、どうすればいいんだろうと思っていました」という小栗は、「台本に絶対にそういうふう(アニメ風)に書いているよな、というセリフがあって」と述懐。「浅野さんも、セリフを言うときは自然と銭形のとっつぁんの声になってしまうと話していたので、それならばといろいろと試してみて、監督にバランスをとってもらった感じでした」と振り返った。

 そこで司会者から「生でルパンを披露してもらえないか」とリクエストが寄せられると、小栗は「えー、無理無理!」「これからスクリーンで観てください」と徹底拒否の構え。しかし浅野に「さっき練習していたじゃん」と暴露され、北村監督から「ファンサービスだから」とうながされると、必死の抵抗もジ・エンド。なぜか黒木も巻き込まれることとなり、不二子(黒木)の「ごめんね~、ルパン」のセリフをきっかけに、「そりゃないぜ、不~二子ちゃん」。会場はすかさず大喝采となり、照れることしきりの小栗だった。

 一方、不二子役の黒木は「監督からは、現場で調整して不二子のキャラクターをつくるからと言ってもらって。美しく撮るために、いろいろな角度から撮っていただいたり、不二子が言いそうなセリフを作り上げたりしました。すごく感謝しております」とコメント。北村監督も「峰不二子という重い十字架を背負ったのに、愚痴も言わずに頑張ってくれた。(おかげで)すごくかっこいい不二子になりました」と黒木を称賛していた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ルパン三世』は8月30日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 小栗旬&メイサ、ルパンと不二子の掛け合いを生披露!