シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『思い出のマーニー』ミニコンサートに米林監督も感激!「二人と仕事ができて幸せ」

『思い出のマーニー』ミニコンサートに米林監督も感激!「二人と仕事ができて幸せ」
村松崇継とプリシラ・アーン - 「思い出のマーニー×種田陽平展」の“マーニーの部屋”にて

 スタジオジブリ最新作『思い出のマーニー』の主題歌を歌うプリシラ・アーンと映画音楽を手掛けた村松崇継によるミニコンサートが3日、「思い出のマーニー×種田陽平展」が開催中の江戸東京博物館のホールで行われ、力強くも透明感あふれる歌声と美しいギター&ピアノの音色で観客を魅了。映画の情景がまざまざと目に浮かぶような演奏に、客席から鑑賞していた米林宏昌監督も感激した表情を見せた。

 プリシラと村松は、ジブリ初の全編英語の主題歌「Fine On The Outside」や主人公・杏奈とマーニーが出会う“湿っ地屋敷”をモチーフにした「This Old House」、米林監督のメモの言葉を歌詞として使った「Deep Inside My Heart」、村松が本作のメインテーマとして作った「杏奈」という曲にプリシラが詞をつけた「I Am Not Alone」などのほか、『風立ちぬ』から「ひこうき雲」、『魔女の宅急便』から「やさしさに包まれたなら」と過去のジブリ作品の主題歌も合わせて全9曲を披露した。

 共に『思い出のマーニー』の音楽を手掛けた二人だが、人前で一緒に演奏するのはこれが初めて。そんなことは一切感じさせない相性の良さに、村松が「ジャンルは違いますが、プリシラとは作りたいと思う音楽の世界観が似ていて、合わせているとすてきな音楽が生まれるので楽しかったです」と言えば、プリシラも「わたしも全く同じように思います。村松さんと一緒にステージに立てたのは本当に光栄です」とにっこり笑う。

 また、完成した映画を初めて観たときのことを「ビジュアルがとても美しく、自分が(杏奈やマーニーと)ボートに乗っているように、実際に湿っ地屋敷にいるように感じられました。かなりエモーショナルな物語で、最後にわたしの歌が流れてきたら『信じられない!』と思って号泣してしまいました」と照れ笑いで振り返ったプリシラ。数々のジブリ作品の音楽を担当してきた久石譲に憧れており、「同じ大学の同じ学科に行ったほど」という村松も、「小学校のころからスタジオジブリの音楽を担当するというのは夢だったので、信じられない思いでした」とうれしそうにオファーをもらったときのことを述懐していた。

 コンサート終了後には、客席で鑑賞していた米林監督が舞台に上がって二人に花束を手渡す一幕も。「すごく感激しました! 本当に素晴らしい二人と仕事ができて幸せに思っています。二人とも運命的な出会いでして、主題歌となったプリシラの曲は9年前に作られた曲なんですが、主人公の杏奈ちゃんの心情にぴったりで。村松さんも最初に杏奈のテーマを書いてくださいと言ったときに、原作を読んで『杏奈とは僕のことだ』というくらい涙を流してくれて……こういう人だったら映画に寄り添ってくれるようなすごくいい曲を作ってくれるんじゃないかなと思っていたんです」と作品を彩る音楽を手掛けた二人への感謝の気持ちを口にしていた。(編集部・市川遥)

映画『思い出のマーニー』は公開中
「思い出のマーニー×種田陽平展」は9月15日まで江戸東京博物館で開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 4日
  5. 『思い出のマーニー』ミニコンサートに米林監督も感激!「二人と仕事ができて幸せ」