シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第1回-福島・相馬、映画を作る子供たちに放射能汚染が残した爪痕とは【映画で何ができるのか】(1/3)

第1回-福島・相馬、映画を作る子供たちに放射能汚染が残した爪痕とは
世界的指揮者ダニエル・マツカワ(写真右端)の密着取材を行うこども映画教室のメ ンバー(福島・原釜尾浜海浜公園にて)

娯楽だけではない映画の秘めたる力

 今や映画は、デジタルカメラやスマホを活用し、誰もが映画を作れる時代へと突入しました。それに伴うかのように、単なる娯楽だけではない映画の活用法が試みられています。東日本大震災の際にはドキュメンタリストのみならず、一般市民が目の前の惨事を広く伝えるべく映画にし、それが貴重な記録映像となりました。また教育現場では、情操教育や協調性を育む目的で映画製作を取り入れる学校も増えています。映画で何ができるのか。この連載では単なる娯楽としてではない、映画の秘めたる力を探っていきたいと思います。記念すべき第1回は、7月13日・20日に開催された「こども映画教室@相馬2014」(福島こどものみらい映画祭主催)です。【取材・文:中山 治美】

福島・相馬で「こども映画教室」

 今夏、全国各地で子供のための映画ワークショップが盛んに行われている。講師を務めるのは、是枝裕和監督や諏訪敦彦監督ら映像の仕事に携わるプロたち。だが基本は、脚本作りから上映まで子供たちの自主性に委ねられている。同じチームになった初対面の子供たちが、わずか2、3日で「映画を作る」という1つの目的に向かって創造の翼を広げていく過程は“驚き”の宝庫だ。大人の方がむしろ、子供たちならではの発想と視点に刺激を受けることの方が多いという声を聞く。

こども映画教室
こども映画教室@相馬のスタッフ&メンバーたち(福島県相馬市にて)

 その活動の先駆け的存在と言えるのが、2004年から「金沢こども映画教室」(金沢コミュニティシネマなど主催)を開催している「こども映画教室」代表の土肥悦子。活動の輪は全国へ広まりをみせ、今回は監修という形で初めて福島・相馬へと赴いた。土肥が言う。「これまでは有料での自主参加で行ってきたが、今回は無料イベントで学校から誘われての参加者もあり、初日はモチベーションの違いに戸惑った。それが2日目になると自分たちで映画を完成させることに没頭し、子供たちの姿勢がガラリと変わり、非常に興味深い結果となりました」。

“復興支援”という大人の大義名分

 通常のこども映画教室は、講師が提案したテーマに沿い、フィクションでもドキュメンタリーでも自由な発想で製作する。しかし今回は、さまざまな環境にいる子供たちをオーケストラ参加できるように支援を行っている一般社団法人エル・システマジャパンの協力で、「相馬子どもオーケストラ」のメンバーを、ドキュメンタリーで撮ることが決まっていた。テーマは「音楽の力」。そこには“復興支援”という大人の大義名分が存在することは否めない。参加した地元の小学校3~6年までの子供たち計19人も、与えられたテーマをなかなか理解できなかったようだ。いきなりオーケストラの練習会場に放り込まれても、何の為に、オーケストラの誰にカメラを向けたらいいのか分からない様子がありありとみて取れた。次第には集中力が途切れ、遊びはじめる子供もいた。「子供のやる気をどういう方向へ持っていくべきか」。初日終了時のスタッフミーティングでも、そんな反省点が話し合われた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 10日
  5. 第1回-福島・相馬、映画を作る子供たちに放射能汚染が残した爪痕とは