シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

3DCG「ドラえもん」世界デビュー!海外配給決定!

3DCG「ドラえもん」世界デビュー!海外配給決定!
3DCGのドラえもん、世界デビュー! - (C) 2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会

 国民的人気アニメーション初「ドラえもん」の3DCGアニメ化作品である映画『STAND BY ME ドラえもん』の海外配給が決定し、21の国と地域で公開されることが明らかになった。

 本作は8月8日に日本で公開され、その週末の興行成績ランキングでは1位を獲得。公開10日目にして動員244万人、興行収入32億7,000万円(数字は配給元調べ)を突破するなど大ヒットを記録している。

 現時点で配給が決定しているのは、テレビアニメも放送されており、すでにドラえもんになじみのある韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、イタリアに加え、ブルネイ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、フィリピン、サンマリノ、バチカン、マルタ、モナコ、スイスといった本作によって初めてドラえもん映画が配給されることになる地域も含まれる。そのほか、マカオ、ベトナム、インドネシア、スペインといった全21の国と地域に配給されることが決まっている。

 5月に開催されたカンヌ国際映画祭のマーケットに出展した際の反応について、担当者は「本編が完成前だったため、作品資料と2Dのプロモーション映像を見せる形での交渉でしたが、全く新しい3DCGのドラえもんのビジュアルを見て、各国のバイヤーも非常に驚いていました。マーケットに出展して、すぐに問い合わせが殺到しました。やはり作品の力と“史上初の3DCGのドラえもん”という部分が強かったと思います。決定した国以外にも随時交渉を進めておりますが、良い反応をいただいております」と振り返った。

 香港人のバイヤーは「プロモーション映像の段階で作品のクオリティーを確信いたしました。世界も認めるクオリティーの高さです。3Dで早く観たいです」と本作を絶賛し、韓国人のバイヤーは「わたしの上司はドラえもんを観て育ちました。自分の国で3DCGのドラえもんを配給できるのがうれしいです」となじみのあるドラえもんを配給できることに喜びを見せた。

 「ドラえもん」史上初の3DCG化作品で、原作から厳選したエピソードを一つの物語に再構成し、ドラえもんとのび太の出会いから別れまでを描いている本作は、おなじみのキャラクターたちが奮闘する姿が感動的だと話題を呼んでいる。(編集部・吉田唯)

映画『STAND BY ME ドラえもん』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 19日
  5. 3DCG「ドラえもん」世界デビュー!海外配給決定!