シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「カルピスを原液で飲んだ感じ!…あっ変な意味じゃないです」天然青山美郷、驚きの表現力!

「カルピスを原液で飲んだ感じ!…あっ変な意味じゃないです」天然青山美郷、驚きの表現力!
(後列左から)倉本雷大監督、タカオユキ、川村ゆきえ、逢沢りな、真山明大、(前列左から)伊藤梨沙子、未来穂香、青山美郷、井之上史織

 映画『思春期ごっこ』初日舞台あいさつが23日、都内にて行われ、主演の未来穂香、青山美郷をはじめ、共演の川村ゆきえ、逢沢りな、伊藤梨沙子、井之上史織、タカオユキ、真山明大、倉本雷大監督が登壇した。青山は本作について「カルピスを原液で、間違えて飲んじゃったくらいの驚きがあった」と評すると、キャストや観客から「わかりやすい!」と納得の声が挙がった。

 ほぼ男性客で埋め尽くされた会場は、劇中と同じ制服姿で現れたキャスト陣に熱気ムンムン。それぞれの一言あいさつの前には「ほのかちゃ~ん」などと、アイドル並みに客席から名前がコールされるなど、距離感の近いイベントとなった。

 ダブル主演を務めた未来と青山は、初めて脚本を読んだときは、思春期の女の子たちの感情をダイレクトに描いていることに驚くとともに「こんな風に表現できるかなぁ」と不安になったという。その驚きをカルピスに例えた青山は、さらに「物語が生々しい……あっ、でもそんな変な意味じゃないです」と慌てて否定するなど、天然臭がプンプン。未来からは「美郷ちゃんは天然キャラで、私が持っていないものを持っているから尊敬している」と憧れの視線が注がれていた。

 そんな若い女の子たちのやり取りと、初の劇場長編デビュー作のお披露目に緊張でタジタジの倉本監督だったが、「画面に映るものすべてを美しいもので満たしたいという欲だけで作った」と撮影時の思いを語り、キャスト陣を見渡して「絶景」と満足げな表情。舞台あいさつを迎えて「ホッとしている部分もあるが、これからが勝負と思っている」と決意を新たにし、「繊細な物語と画面の美しさ、出ている人の美しさを感じてください」と締めくくった。

 本作は、繊細で多感な女子中学生の、二度と戻らない“あの夏”の日々を捉えた、切なくも美しい青春少女映画。無二の親友だったはずの鷹音(未来)と三佳(青山)の関係が、一人の女性(川村)と出会うことにより大きく変わっていく様を美しい映像とともに描き出す。

映画『思春期ごっこ』は上映中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 24日
  5. 「カルピスを原液で飲んだ感じ!…あっ変な意味じゃないです」天然青山美郷、驚きの表現力!