シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

3D『ドラえもん』がV4!実写版『ルパン三世』は2位スタート!【映画週末興行成績】

3D『ドラえもん』がV4!実写版『ルパン三世』は2位スタート!
1位は盗めなかったが、小栗ルパンも好スタート! - (C) 2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会

 興行通信社が1日に発表した、夏休み最後の土日2日間(30日~31日)の全国映画動員ランキングでは、『STAND BY ME ドラえもん』が4週連続で1位を獲得した。先週末だけで38万5人を動員し、前週比109.1%の好推移。累計成績は動員438万4,511人、興行収入58億726万8,300円を突破しており、60億円も間近だ。

 モンキー・パンチ原作の国民的アニメを実写映画化した『ルパン三世』は2位に初登場。全国307スクリーンで公開され、動員33万5,148人、興収4億4,412万1,700円の大ヒットスタート。男女比が47対53とほぼ半々。年齢層は40代が21.6%、13~19歳が21.6%、50代が19.7%、20代が18.9%と、昔からのルパンファンのみならず幅広い層に支持を集めたようだ。

 リュック・ベッソン監督、スカーレット・ヨハンソン主演のアクション映画『LUCY/ルーシー』は初登場で3位。全国205スクリーンで公開され、動員14万9,575人、興収1億9,983万8,700円を記録。初日となる先月29日の金曜日を合わせた3日間では、動員21万317人、興収2億7,643万8,000円とこちらも好調な出足を見せている。

 既公開作品では、4位の『ホットロード』が興収15億円を突破。5位の『るろうに剣心 京都大火編』が累計動員327万4,773人、累計興収42億3,624万3,800円で興収40億円を突破。7位の『思い出のマーニー』が累計動員250万人、累計興収30億円を突破している。公開6週目の『GODZILLA ゴジラ』は惜しくも11位にランクダウンとなったが、累計興収29億9,327万2,600円と、30億円が間近となった。

 また、園子温監督の『TOKYO TRIBE』が12位に初登場。園作品としては最大規模となる120館でスタートし、都市型だったこれまでの園作品と比べ、首都圏:ローカル対比5:5と、地方の劇場も健闘していたのも特徴だ。

 今週末は『イン・ザ・ヒーロー』『フライト・ゲーム』『フルスロットル』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2014年8月30日~31日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『STAND BY ME ドラえもん』:4週目
2(NEW)『ルパン三世』:1週目
3(NEW)『LUCY/ルーシー』:1週目
4(2)『ホットロード』:3週目
5(3)『るろうに剣心 京都大火編』:5週目
6(5)『トランスフォーマー/ロストエイジ』:4週目
7(6)『思い出のマーニー』:7週目
8(8)『ポケモン・ザ・ムービー XY/破壊の繭とディアンシー』:7週目
9(4)『イントゥ・ザ・ストーム』:2週目
10(7)『マレフィセント』:9週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 2日
  5. 3D『ドラえもん』がV4!実写版『ルパン三世』は2位スタート!