シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤かよ、女子高生役オファーに「驚いた」

佐藤かよ、女子高生役オファーに「驚いた」
初日舞台あいさつに登壇した(左から)前野朋哉、谷桃子、佐藤かよ、今泉力哉

 6日、五十嵐藍の同名4コマ漫画を実写化した映画『鬼灯さん家のアネキ』の初日舞台あいさつが新宿武蔵野館で行われ、谷桃子、佐藤かよ、前野朋哉、今泉力哉監督が登壇した。

 同作は『サッドティー』などの今泉監督がメガホンを取り、五十嵐藍の4コマ漫画を映画化したちょっぴりエッチなラブコメディー。童貞高校生・吾朗(前野)が、血のつながらない姉・ハル(谷)のエッチないたずらに翻弄(ほんろう)される日々を描く。

 人気漫画の映画化とあり「ファンのみなさんにがっかりされないように原作を読み込みました」という気合を入れて挑んだ谷は、「ハルちゃんはスタイルがいいし露出も結構多かったので、お尻やウエストを頑張って鍛えました」とセクシーアピール。劇中では弟にいろいろないたずらを仕掛けるが実際に弟はいないそうで、「弟がいる友達に風呂上りにどんな格好しているのかとかリサーチしました」と役づくりの様子を紹介した。

 また、エッチないたずらを仕掛けるシーンについて谷が「前野君の驚く表情がリアルに喜んでいる感じがして、わたし的にはやりがいがあったというか」と悪戯っぽい笑みを浮かべると、前野も「あんないたずらをしてくれてありがとうございます」と照れつつ感謝。「僕もお姉ちゃんがいないので、こういうお姉ちゃんがいたらいいな」と相思相愛ぶりをみせつけた。

佐藤かよ
女子高生役のオファーへの驚きを語った

 一方、前野の同級生を演じた佐藤は劇中衣装のセーラー服で登場。女子高生役のオファーが来た際の心境を「間違っているんじゃないかと思ってかなり驚きました」と振り返りつつ、「映画に出たことはあるけど、こんなたくさんのセリフがあったり主役の方と並ばせていただくのは初めてで嬉しかったです」と笑顔。MCからセーラー服の感想を聞かれると「逆にいかがですか?」と聞き返してファンのハートをくすぐっていた。(中村好伸)

映画『鬼灯さん家のアネキ』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 7日
  5. 佐藤かよ、女子高生役オファーに「驚いた」