シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松方弘樹、銀座高級クラブの美女たちに囲まれご満悦!

松方弘樹、銀座高級クラブの美女たちに囲まれご満悦!
高級クラブで人間ドラマが展開! 前列左から姿月あさと、松方弘樹、江口ナオ

 10日、夜の銀座を舞台にした映画『銀座並木通り クラブアンダルシア』の製作発表会見が銀座のクラブ、ニュー・パルテノンで行われ、主演の松方弘樹、姿月あさと、江口ナオ、阿部祐二、和田秀樹監督、原作の倉科遼が出席。さらに、主人公のモデルにもなった奥澤健二氏、銀座高級クラブのママたちとホステスが集まり、華やかに映画をアピールした。

 同作は夜の世界を描いた作品でヒットを飛ばす倉科遼の原作漫画を映画化したヒューマンドラマ。銀座かいわいでは珍しいという男性クラブオーナー・奥澤(松方)を主人公に、彼を取り巻く人々の人間模様を描く。

 関係者たちに見守られながらあいさつをした松方は、本作について「和田監督とは初めてですけど、一緒に食事をしたり、和気あいあいと撮影しました」とコメント。公開に向けて「朝から次の日の朝まで撮影だったり、スケジュールは大変でしたけど、前評判はいいようなので、(公開を)楽しみにしています」と期待を込めた。

 加藤ローサ主演の「女帝」やSexy Zone中島健人主演で10月より放送する「黒服物語」など、多くの原作が映像化されている倉科は、「数年前にほぼ同じ原作が映像化されたけどやや不本意でしたので、もう一回撮ってもらいました」と話したうえで、「これまで自分の原作がドラマや映画化された作品で泣くことはなかったんですけど、今回は最後のシーンで泣きました」と絶賛。奥澤氏も「こんな大御所にわたしの名前で演じていただけるなんて、幸せな気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

 さらに、倉科と納得がいくまで作品の世界観を話し合ったといい「かなり内容が濃いです」と満足そうに語った和田監督は、「昔、劇場で松方さんの『仁義なき戦い』を観た後、まるでヤクザのような気分になったみたいな、そういう感じの気持ちを共有できる映画が作れたと思います」と世界観にどっぷりと入れる作品であるとアピールした。(中村好伸)

映画『銀座並木通り クラブアンダルシア』は9月13日公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 10日
  5. 松方弘樹、銀座高級クラブの美女たちに囲まれご満悦!