シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“くだらない”関根勤初監督作がワールドプレミア!客席はスタンディングオベーションの大喝采!

“くだらない”関根勤初監督作がワールドプレミア!客席はスタンディングオベーションの大喝采!
スタンディングオベーションで賞賛を受けた(左から)村松利史、温水洋一、関根勤

 芸人の関根勤の初監督作『騒音 THE FIVE OYAJI』が14日、上野の不忍池水上音楽堂で行われた「第7回したまちコメディ映画祭in台東」内でワールドプレミア上映され、観客全員がスタンディングオベーション、“くだらない映画”を作った関根監督を称賛した。この日は温水洋一、村松利史も来場した。

 もともと「映画は勉強した人が作るものであって、素人の僕が作る気はさらさらなかった」と語る関根監督。しかし常々、「日本の映画ってまじめ。僕ならこういうのを作るのにな」という思いを抱いていた関根の思いを聞いた放送作家の舘川範雄が企画を進めたことと、さらに関根が所属する芸能事務所の浅井企画の出資が決定したことにより、この初監督作の制作が決定したのだという。

 温水、村松、そして酒井敏也といった個性派俳優たちがオヤジヒーローにふんし、地底人と戦う姿を描いた本作。関根監督も「この3人が一緒に共演するのは初めてと聞いてうれしかった。初共演ですねと言ったら、村松さんが『こんなのを3人も呼びませんよ!』と言ってね」とうれしそうに述懐する関根は「昔の喜劇って俳優さんとコメディアンが共演しているじゃないですか。そういう雰囲気を目指したんです」と付け加える。

 明石家さんま、タモリ、千葉真一、小堺一機などの豪華ゲストも注目。関根監督も「さんまさんとタモリさんが一緒の映画に出演したのは『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』以来。僕は丹波さんとキャスティング力で並んだ」と自負。さらに「100以上の映画のオマージュが入っている」と切り出した関根監督は、『悪魔の毒々モンスター』『フルメタル・ジャケット』『生きる』『キル・ビル』『サボテン・ブラザース』などの名前を挙げてその裏側を解説した。

村松利史、温水洋一、関根勤
「くだらない映画」を目指したと語った

 「本当にくだらない映画」と口々に語る出演者たち。村松が「最後終わって、一瞬、いい映画だなと思ったけど、よくよく考えるとそんな映画じゃない」と語ると、関根監督も「これはお客を選ぶ映画です」と警告する。

 関根監督ほか一同はこの日、観客と一緒に映画を鑑賞。上映中は終始、くだらないギャグの応酬で大爆笑となる。そして上映終了後は、観客全員がスタンディングオベーションで称賛。“くだらない映画”を生み出した関根勤監督の誕生に大喝采となった。(取材・文:壬生智裕)

『騒音 THE FIVE OYAJI』は2015年公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 15日
  5. “くだらない”関根勤初監督作がワールドプレミア!客席はスタンディングオベーションの大喝采!