シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

巨大迷路に閉じ込められた少年たちの脱出劇が首位デビュー!【全米ボックスオフィス考】

巨大迷路に閉じ込められた少年たちの脱出劇が首位デビュー!
巨大迷路に閉じ込められた少年たちの脱出劇! - 映画『ザ・メイズ・ランナー(原題) / The Maze Runner』ポスタービジュアル - Aaron Davidson / Getty Images

 先週末(9月19日~9月21日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、巨大な迷路に閉じ込められた少年たちの脱出劇『ザ・メイズ・ランナー(原題) / The Maze Runner』が興行収入3,251万2,804ドル(約32億5,128万400円)で初登場1位に輝いた。(数字はBox Office Mojo調べ、1ドル100円計算)

 『ザ・メイズ・ランナー(原題)』は、同名のベストセラー・ヤングアダルト小説を原作に、VFXアーティストでもあるウェス・ボール監督がメガホンを取ったSFアクションスリラー。記憶を消され、ほかの少年たちと一緒に巨大な迷路にとらわれたトーマス(ディラン・オブライエン)が、過去の断片的な記憶と迷路内のヒントを基に自身の使命を知ろうと迷路からの脱出を目指す姿を描く。『リトル・ランボーズ』『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』のウィル・ポールターなどが出演している。

 同ジャンルの作品では『ダイバージェント』には及ばなかったものの、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』『エンダーのゲーム』などのオープニング興収を上回るヒットを記録。20世紀フォックスは続編『ザ・スコーチ・トライアルズ(原題) / The Scorch Trials』を2015年9月18日に全米公開することを発表している。

 リーアム・ニーソン主演でローレンス・ブロックのハードボイルド・シリーズから「獣たちの墓」を映画化した『ア・ウォーク・アマング・ザ・トゥームストーンズ(原題) / A Walk Among the Tombstones』が興収1,275万8,780ドル(約12億7,587万8,000円)で初登場2位。同じく初登場となるコメディードラマ『ディス・イズ・ホエア・アイ・リーブ・ユー(原題) / This is Where I Leave You』は興収1,155万8,149ドル(約11億5,581万4,900円)で3位となった。出演はジェイソン・ベイトマン、ティナ・フェイ、ジェーン・フォンダ、アダム・ドライバーなど。

 今週末は、3Dストップモーションアニメ『ザ・ボックストロールズ(原題) / The Boxtrolls』やデンゼル・ワシントン、クロエ・グレース・モレッツ共演のアクション『イコライザー』などが公開予定。(編集部・市川遥)

9月19日~9月21日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『ザ・メイズ・ランナー(原題) / The Maze Runner』
2(初)『ア・ウォーク・アマング・ザ・トゥームストーンズ(原題) / A Walk Among the Tombstones』
3(初)『ディス・イズ・ホエア・アイ・リーブ・ユー(原題) / This is Where I Leave You』
4(1)『ノー・グッド・ディード(原題) / No Good Deed』
5(2)『ドルフィン・テイル2(原題) / Dolphin Tale 2』
6(3)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
7(5)『レッツ・ビー・コップス(原題) / Let's Be Cops』
8(4)『ミュータント・タートルズ』
9(6)『ザ・ドロップ(原題) / The Drop』
10(7)『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 24日
  5. 巨大迷路に閉じ込められた少年たちの脱出劇が首位デビュー!