シネマトゥデイ

「ルパン三世」30年ぶり新シリーズ決定!(1/2)

「ルパン三世」30年ぶり新シリーズ決定!
「ルパン三世」30年ぶり新シリーズのキービジュアル - 原作:モンキー・パンチ(C)TMS

 現地時間14日、フランス・カンヌで開催中のMIPCOMでアニメ「ルパン三世」の新シリーズ制作が発表された。1985年に「ルパン三世PARTIII」が終了して以来30年ぶりの新シリーズとして、2015年春にイタリアRTI局が全世界に先がけ放送を予定している。日本での放送は未定だ。

 舞台となるのはイタリア、サンマリノ共和国で、スピーディーに動き回る20代のルパンたちの大冒険が描かれる。アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルム。原作者のモンキー・パンチは「新しいアニメーション・シリーズのスタートに、わくわくしています。ルパン三世の活躍に期待しています」と30年ぶりの新シリーズに胸を高鳴らせている。

 総監督は、映画『ルパン三世』(1978)で原画、『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)で原画およびカーチェイス全般を手掛けるなどアニメーター・作画監督として数々の作品に参加した友永和秀。監督は「もやしもん」などの矢野雄一郎、シリーズ構成は『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』「TIGER & BUNNY」の高橋悠也など、世代を超えたコラボレーションが実現している点も見逃せない。(編集部・市川遥)

製作陣のコメント全文
<総監督 友永和秀>自分が観たかった「ルパン」を作りたい
 40年前ぼくらが観たルパンは、それまであったような子供向けのアニメとまったく違っていました。大人っぽくてマニアックで、本当にインパクトが大きかったんです。その驚きを経験した世代、当時を知らない世代両方に向けて、リアルだけれど奇想天外な味付けがされた、わくわくするアニメーションを作りたいです。ハードボイルドだがコミカル、クールだがおちゃらけている、相反する要素が同居しているルパンを描きたいと思っています。

<監督 矢野雄一郎>ハイブリッドな方向の画面作りをしたい
 ルパンたちはこのシリーズでは20代。スピーディーに動き回ります。キャラクターみんなのやんちゃぶり、泥水すすってでも行動を起こすような熱い感じを描きたいですね。懐かしい手法が逆に新しさを感じさせるような、新旧取り混ぜたハイブリッドな方向の画面作りをしていきたい。あえて昔の強弱のある線で荒々しい表現を試みる一方で大人のかけひきの部分などは繊細に描いていきたいです。かっこ良くかわいく、色っぽい。そんな本シリーズの魅力が明確に引き出せたらと思います。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ルパン三世のテレビシリーズか復活 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2014年10月15日 16時36分)
    1985年に終了して以来、30年振りに2015年・春にルパン三世の 新作テレビシリーズの放映が決まり、フランス・カンヌで開催されている MIPCOM=国際コンテンツ見本市で発表されました。 但し、放映されるのはイタリアの放送局で日本での放送予定は現時点では 予定されていませんので、舞台となるのもイタリア、サンマリノ共和国で 20代のルパン達が活躍するというものになります。 スタッフは過去にルパン三世の初めての映画や「カリオストロの城」など の頃から原画を担当していた日本人のベテランアニメーターが、総 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク