シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

宮沢りえ、ラブホではしゃぐ!「めったにというか、ほとんど行かないので…」

宮沢りえ、ラブホではしゃぐ!「めったにというか、ほとんど行かないので…」
圧倒的な存在感を見せ2冠を達成した宮沢りえ

 2日、第27回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞および最優秀女優賞の2冠を達成した映画『紙の月』のプレミア試写会が、新宿ピカデリーで行われ、主演の宮沢りえをはじめ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美、そして吉田大八監督が出席した。

 銀色に輝く最優秀女優賞のトロフィを掲げた宮沢は感無量な表情を浮かべると「授賞式でも言いましたが、とても、とても難しい(宮沢演じる)梨花という役を演じることを引き出してくれたのが吉田監督。このトロフィを半分に切って渡したいぐらい」と発言。そんな宮沢に吉田監督は「すごく欲しかった賞。女優賞は作品賞と同じぐらいの重さがある。宮沢さんがこの映画を代表して評価を受け取ってくれました」と感謝の意を述べる。

 女優として圧倒的な存在感を見せた宮沢だったが、池松演じる年下の大学生・光太との情事のシーンでは、お茶目な一面もあったようだ。撮影の思い出を聞かれた池松は「ラブホテルでのシーンで、りえさんはベッドで飛び跳ねて遊んでしました」と回答。池松の暴露(!?)に宮沢は「ラブホテルなんてめったにというか、ほとんど行かないので、デコレーションの素晴らしさに感動してはしゃいでしまいました」と照れ笑いを浮かべていた。

 一方、梨花をジワジワと破滅に導く銀行のOL・恵子を演じた大島は「観客賞や最優秀女優賞を獲った作品に携われて光栄です」と笑顔を見せると「役柄に合わせて小悪魔的なイメージのシースルーで来ました」と黒のドレスをアピールして会場を沸かせていた。

一同
宮沢の顔写真が印刷された紙幣が、上空から大量に降り注ぐ演出が行われた

 試写会の前に行われたレッドカーペットイベントでは、宮沢の顔写真が印刷された紙幣が、上空から大量に降り注ぐ演出や、第32回トリノ国際映画祭に出品が決定するなど、池松いわく「乗りに乗っている映画」らしくド派手な演出で11月15日の公開へ弾みをつけていた。

 本作は、直木賞作家・角田光代の同名小説を、映画『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督で映画化。銀行勤務の平凡な主婦が、若い男性との出会いによって、巨額の横領事件を起こしてしまうさまを描いた物語。(磯部正和)

映画『紙の月』は11月15日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 3日
  5. 宮沢りえ、ラブホではしゃぐ!「めったにというか、ほとんど行かないので…」