シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

D-BOYS碓井将大、乃木坂46とヤンキーのバトルに感動!?

D-BOYS碓井将大、乃木坂46とヤンキーのバトルに感動!?
『超能力研究部の3人』の舞台裏について語った若手イケメン俳優の碓井将大 - (c)シネマトゥデイ/高野広美

 山下敦弘監督の最新作『超能力研究部の3人』に出演したD-BOYSの碓井将大が、本作で女優業に挑戦した乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本菜々未が、撮影現場で見せた意外な素顔を語った。

 本作は劇映画『超能力研究部の3人』と、それを撮影するメイキングをフェイクドキュメンタリーのカタチで追い、両者を融合させた異色作。この映画で碓井は「実は僕、宇宙人なんだ」と告白し、超能力研究部に入部する森を演じている。

 この映画のメイキング部分には基本的に設定があるものの、「つくりもの」を超えた瞬間を目撃できる。例えば、地元の女ヤンキーに絡まれて怒りを爆発させる芝居に悩む秋元に山下監督が待ったをかけ、まずヤンキー2人に秋元を散々ののしらせて感情を開かせようとするシーン。「その場で見ていて感動しました。50人ものスタッフがいる中でカメラが回り、罵倒するヤンキー役の子もすごいし、それにずっと耐えた秋元さんもすごい」と興奮気味に語る。

 「僕自身D-BOYSのメンバーとして、『アイドルなんでしょ?』みたいに色眼鏡で見られたと感じたことも以前はありました。でもアイドルだから演技がダサいなんてことはないし、歌ったり踊ったり、きゃあきゃあ言われることをして何が悪い? という気持ちもわかる。だからあの場面では何も言えませんでした」と明かす。

 また乃木坂の3人が休日に海へ繰り出すシーンでは、橋本がアイドル活動の中で不安に揺れる心情を吐露し、その姿をメイキング監督を演じる森岡龍が撮影する。「乃木坂の3人は劇中の役と自分自身を演じ、やがて両者がクロスフェードしていった。ファンにはたまらないはず」 と映画の見どころを指摘する。うそだからこそ見えてくる真実とは? いくらも深読みできるアイドル映画の誕生だ。(取材・文:浅見祥子)

映画『超能力研究部の3人』は12月6日全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 5日
  5. D-BOYS碓井将大、乃木坂46とヤンキーのバトルに感動!?