シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

高評価の「FARGO/ファーゴ」が全米脚本家組合賞にノミネートされなかった理由

高評価の「FARGO/ファーゴ」が全米脚本家組合賞にノミネートされなかった理由
「ファーゴ(原題)」のマーティン・フリーマン - Karwai Tang / WireImage / Getty Images

 批評家と視聴者に高く評価されているテレビドラマ「FARGO/ファーゴ」が今年の全米脚本家組合賞(WGA賞)にノミネートされず驚かれたが、その理由が明らかになったとDeadlineが報じた。

 10エピソードから成る同ドラマは、1シーズンで一つのストーリーの起承転結を描いている。そのため、テレビシリーズではなくミニシリーズのカテゴリーで賞を狙おうとしたところ、全米脚本家組合がミニシリーズでの申請を認めなかったという。

 組合によると、「FARGO/ファーゴ」はテレビシリーズであるとのこと。FX局は以前にも、「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第1シーズンでも同じことを言われており、それ以来、このシリーズも全米脚本家組合賞の候補申請を行っていないという。

 エミー賞ではミニシリーズまたはテレビシリーズのカテゴリーのどちらにでもあてはまる場合、製作側がどのカテゴリーで競いたいかを選択させてくれるという。昨年、「アメリカン・ホラー・ストーリー」「FARGO/ファーゴ」はミニシリーズ部門にエントリーをしたが、HBOは同じフォーマットの「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」をテレビシリーズ部門にエントリーし、FX側はこれに異議を唱えたとも報じられている。

 いずれにしても、FX局は「FARGO/ファーゴ」がミニシリーズである点は譲れないと言い、希望のカテゴリーで競えないならば申請する必要がないと判断し、ゼロノミネートという結果になったそうだ。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 12日
  5. 高評価の「FARGO/ファーゴ」が全米脚本家組合賞にノミネートされなかった理由