シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』を抜き2015年初のナンバーワン!【映画週末興行成績】

『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』を抜き2015年初のナンバーワン!
お正月はみんなが癒された? 『ベイマックス』が公開3週にしてトップ! - (C)2014 Disney. All Rights Reserved.

 興行通信社が5日に発表した土日2日間(1月3日~4日)の全国映画動員ランキングでは、公開3週目に入った『ベイマックス』が新年最初の1位を獲得し、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』から首位を奪った。

 動員50万5,074人、興行収入6億6,541万4,100円を記録した『ベイマックス』は、前週動員比129.9%の高稼働。累計成績は動員326万2,260人、興収41億4,533万9,200円を突破した。カップル、友人グループ、ファミリーなど幅広い層が来場し、口コミも広がっていることから、配給元では、息の長い興行が期待できるとしている。

 年末と合わせて2週連続1位を獲得していた『映画 妖怪ウォッチ』は2位にランクダウンしたものの、前週比82.1%となる43万1,265人を動員。興収5億623万7,200円をあげ、累計成績は興収54億円、動員491万人を突破。上位2作品だけで95億円を突破する驚異的な数値を記録している。

 今週のランキングは、正月休みが重なったことで年末の土日動員を上回った作品が半数。『バンクーバーの朝日』は前週動員比150.2%の好成績で3位にワンランクアップし、累計動員70万8,859人、累計興収8億8,213万5,700円を記録した。さらに、公開4週目の『ホビット 決戦のゆくえ』が前週動員比108.3%、『ゴーン・ガール』が前週動員比104.5%、『寄生獣』が前週動員比116.4%を記録。また、公開4週目の『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』が先週の11位から10位とベストテン圏内に返り咲くなど、その他の作品も好調な成績をキープし、全体的に順調な年明けとなった。

 今週末は『96時間/レクイエム』『シン・シティ 復讐の女神』『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』『映画 ST赤と白の捜査ファイル』などが公開予定。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2015年1月3日~4日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(2)『ベイマックス』:3週目
2(1)『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』:3週目
3(4)『バンクーバーの朝日』:3週目
4(3)『アオハライド』:4週目
5(5)『ホビット 決戦のゆくえ』:4週目
6(7)『寄生獣』:6週目
7(6)『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』:5週目
8(8)『ゴーン・ガール』:4週目
9(9)『海月姫』:2週目
10(11)『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル』:4週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 6日
  5. 『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』を抜き2015年初のナンバーワン!