シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

尾野真千子、菜々緒との待遇格差におかんむり

尾野真千子、菜々緒との待遇格差におかんむり
左から尾野真千子、堤真一、玉木宏、菜々緒

 17日、映画『神様はバリにいる』の初日舞台あいさつが新宿バルト9で行われ、堤真一、尾野真千子、ナオト・インティライミ、菜々緒、玉木宏、李闘士男監督が登壇。バリで行われた撮影では男性陣はもとより現地スタッフまで菜々緒にメロメロだった様子が紹介され、尾野が悔しそうに声を上げる漫才のようなやり取りで笑いを誘った。

 同作はハウツー本「出稼げば大富豪」をベースにした人情コメディー。バリ島で暮らし、独自の人生哲学で周囲の人々の人生を変えていく大富豪アニキ(堤)と、ひょんなことからアニキの弟子になった祥子(尾野)らの交流を描く。

 玉木演じるリュウの元カノ役で出演した菜々緒は、「(撮影は)2日間しかなくて壁があるかなと思ったんですけど、楽しく和やかにしてくださるので、今日も安心して来られました」とコメント。実際、現地スタッフの間でもお姫様のように扱われていたそうで、李監督は「尾野さんのときは普通だったけど、インドネシアのスタッフがアテンドしたいってずっと立候補したり、買い物で絶対まけないお店が菜々緒さんが入ると50パーセントオフにしたり」と菜々緒の人気ぶりを紹介した。

 そんな男性陣の様子に、菜々緒の撮影中日本に帰国していた尾野は「バリに戻ったらこの男どもは色めき立っているわけで、『お前帰ってきたんか』って言われて、ひどいよね」とチクリ。この日も最後に控え室に到着した尾野いわく「『皆に会える、あけおめー』と思って行ったら、これ(堤)が『菜々緒さんいるからお前いらんから』ってひどくね?」と恨めしそうに声を上げて笑いを誘う一幕も。とはいえ、それも仲の良さの表れで、堤がすかさず「本心やから」といじると、尾野が「まさか新年一発目にこれを言われるとは思いませんでした」と反撃するなど夫婦漫才のようなやり取りで会場を爆笑させていた。(中村好伸)

映画『神様はバリにいる』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 17日
  5. 尾野真千子、菜々緒との待遇格差におかんむり