シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

橋本愛、主演映画2本がベルリン映画祭へ!【第65回ベルリン国際映画祭】

橋本愛、主演映画2本がベルリン映画祭へ!
主演映画2本がベルリン映画祭へ! - 橋本愛

 女優の橋本愛が17日、新宿武蔵野館で行われた主演映画『ワンダフルワールドエンド』初日舞台あいさつに登壇。本作が第65回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション14プラス」コンペティション部門に正式招待されることが発表された。橋本主演の『リトル・フォレスト 冬・春』も同映画祭のキュリナリーシネマ部門に正式招待されており、今年のベルリンでは橋本の主演映画2本が上映されることになった。本舞台あいさつには橋本と共にW主演を務めた蒼波純、稲葉友、音楽を担当した大森靖子、そして松居大悟監督も登壇した。

 カンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭と共に、世界三大映画祭と称されるベルリン国際映画祭。その映画祭で14歳以上を対象にした若者が審査員を務めるコンペ「ジェネレーション14プラス」に正式招待されたことに、松居監督は「すごいことだと思って、連絡を受けてから2~3日ソワソワしていたのですが、周囲が意外と冷静なんですよ」と橋本らを見渡しションボリ。

 松居監督は続けて「実は、いろいろな映画祭の関係者に作品のDVDを直接渡しにいって『観てください!』という地道なことをしていたんです」と涙ぐましい努力をしていたことを明かすと、大森は「インディーズ的な映画。純粋に作品の力で選んでもらえたのはすごい」と喜んだ。

 そんな松居の姿に、橋本は「何となく(招待作品に)引っかかったと思っていたんですが、そういう努力があったんですね」としみじみ語ると、「監督が喜んでいてうれしいのですが、このことをきっかけに、まずは全国47都道府県の人にこの映画を観てほしい」と座長として気を引き締めると、松居監督から興奮したメールをもらって「一人盛り上がっていた」という稲葉は「橋本さんのコメントを聞いて、その通りだなって思いました」と発言し、場内を沸かせていた。

 本作は、『スイートプールサイド』の松居監督が、シンガー・ソングライターである大森のミュージックビデオ「ミッドナイト清純異性交遊」「君と映画」をモチーフに映画化したエンターテインメント作。松居監督は「大森さんの音楽に橋本さんが主演。普通じゃつまらないと思って作りました」と作品への思いを語った。(磯部正和)

映画『ワンダフルワールドエンド』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 17日
  5. 橋本愛、主演映画2本がベルリン映画祭へ!