シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

もう少しでアカデミー賞!選外となった惜しい作品あれこれ【第87回アカデミー賞】(1/2)

もう少しでアカデミー賞!選外となった惜しい作品あれこれ
ジェイク・ギレンホールが激やせして熱演!『ナイトクローラー(原題)/ Nightcrawler』 - 写真:PictureLux/アフロ

 今回のノミネート結果は、概ね映画ファンの予想通りだったが、それでも賞レースで話題を集めたにもかかわらず選外になった作品はある。(文・平沢薫)

 まず主演男優賞。ジェイク・ギレンホールが『ナイトクローラー(原題)/ Nightcrawler』で、違法な取材から事件の容疑者になってしまうリポーターを“激ヤセ”して熱演、ゴールデン・グローブ賞や全米映画俳優組合賞など多数ノミネートされたのに、選外に。これは昨年の『ダラス・バイヤーズクラブ』で主演賞受賞のマシュー・マコノヒーが“激ヤセ”演技だったから「また?」と思われてしまったのかも。『インヒレント・ヴァイス(原題) / Inherent Vice』のホアキン・フェニックスも選外。彼は主演助演合わせて3度ノミネートされているから4度目は多すぎ? そういえば、今回の主演男優ノミネートは、これが主演助演計3度目のブラッドリー・クーパー以外、みな初ノミネートだ。

 次に主演女優賞。意外なのは、ゴールデン・グローブ賞コメディー/ミュージカル部門主演女優賞受賞のエイミー・アダムスが選外なこと。実在の人物を演じたのは『ワイルド(原題)』『博士と彼女のセオリー』も同様なので、この中ではインパクトが弱かったのかも。

 助演男優賞は各映画賞とも同じような顔ぶれだが、ワシントン映画批評家協会賞は、素顔が見えないのに見事な演技で唸らせた『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のアンディ・サーキスをノミネート。これから各映画賞が、モーションキャプチャー演技をどう評価していくのかも気になるところ。

 助演女優賞では、ニューヨークの犯罪社会を描いて評判が高い『ア・モスト・ヴァイオレント・イヤー(原題)/ A Most Violent Year』のジェシカ・チャスティンが選外。この映画は意外なことに他部門もノミネートなしだが、全米公開が12月31日限定公開スタートだったので、アカデミー会員があまり見ていなかった? 『セント・ヴィンセント(原題) / St. Vincent』のナオミ・ワッツは全米映画俳優組合賞にはノミネートされたのに、こちらは選外。彼女は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でも好演しているけど、この部門はエマ・ストーンがノミネートされてしまってる。そして、セットでノミネートされることが多いのが、作品賞と監督賞。『セルマ(原題) / Selma』は、他では監督賞もノミネートされているのに、アカデミー賞では作品賞と歌曲賞のみ。女性監督は難しい? 


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 31日
  5. もう少しでアカデミー賞!選外となった惜しい作品あれこれ