シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

マーティン・スコセッシの撮影現場で1人死亡、2人けがの事故

マーティン・スコセッシの撮影現場で1人死亡、2人けがの事故
撮影現場で不幸な事故が起きたマーティン・スコセッシ監督 - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 台湾で撮影が始まるマーティン・スコセッシ監督の新作映画『サイレンス(原題) / Silence』の撮影現場で事故が起こり、台湾人作業員3人が死傷したとE! Newsなどが報じた。

 「マーティン・スコセッシの『サイレンス(原題)』がプレプロダクションに入っている台湾のCMPCスタジオで、本日、残念な事故が起きました」と同映画のスポークスマンは声明で述べている。

 それによると、CMPCの野外撮影現場にあった既存の建造物を製作側が危険とみなし、撮影に入る前に安全な状態にしようと、外部の業者を雇って強度を上げることにしたそう。この作業中に屋根が崩落し作業員1名が死亡、2人が頭に傷を負ったり、脚を骨折するなどのけがをしたという。

 『サイレンス(原題)』は江戸時代初期のキリシタン弾圧を題材にした、故遠藤周作さんの小説「沈黙」を映画化したもので、師の行方を探して日本にわたった宣教師ロドリゴの苦悩を描く。ロドリゴ役を『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドが務めるほか、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、イッセー尾形、浅野忠信など日米実力派俳優が出演する。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 1日
  5. マーティン・スコセッシの撮影現場で1人死亡、2人けがの事故