シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「仮面ライダー鎧武」Vシネで復活!久保田悠来、小林豊ら上映イベントに勢ぞろい

「仮面ライダー鎧武」Vシネで復活!久保田悠来、小林豊ら上映イベントに勢ぞろい
(左から)佃井皆美、高杉真宙、岩田さゆり、久保田悠来、小林豊、松田岳、百瀬朔、金田治監督

 人気特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」がVシネマとして復活した「鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン」の上映イベントが7日、港区のニッショーホールで行われ、斬月編から久保田悠来、岩田さゆり、高杉真宙、佃井皆美、バロン編から小林豊、松田岳、百瀬朔、そして金田治監督が出席した。

 上映会後に行われた舞台あいさつにキャスト陣が登壇すると、場内からは悲鳴に近い歓声が上がり、呉島貴虎(斬月)を演じた久保田は「仮面ライダー鎧武の世界観が広がっていけばいいなって思っていたので、飛び跳ねました」とVシネマで復活することが決まったときの心境を述懐。一方、駆紋戒斗(バロン)役の小林は「僕たち(斬月とバロン)が主演ということでしたが、お互い鎧武の世界観を届けたいと思っていたので、気持は一つでした」とみんなで作品を作り上げたことを強調した。

 斬月編に朱月藤果という新キャラで登場する岩田は、「(チームが)出来上がった現場だったので、途中からなじめるかなと思っていたのですが、皆さんとても気さくな方だったので入り込むことができました」と笑顔を見せつつ、久保田とのラブシーンには「(隣に立っている)この距離でも濃い顔なので、さらに近くなるんですよ……笑いが止まりませんでした」と裏話を披露し、客席を大爆笑に包んだ。

 久保田や小林に負けず劣らずの歓声を受けていた呉島光実役の高杉は「すごくアットホームな現場なんです」と爽やかな笑顔。しかし、初参戦の岩田に対しては「最初、人見知り全開ですみません」と謝罪していた。

 また、金田監督が「テレビシリーズが終わりましたが、Vシネマとして皆さんのところに届きました。これ以降の展開は皆さんの応援に掛かっています」と呼び掛けると、場内からは割れんばかりの拍手が巻き起こった。(磯部正和)

Vシネマ「鎧武外伝 仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン」ブルーレイ&DVDは4月22日発売


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 7日
  5. 「仮面ライダー鎧武」Vシネで復活!久保田悠来、小林豊ら上映イベントに勢ぞろい