シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリウッド版『ゴジラ』が『るろ剣』最終章を抑えて初登場トップ!【週間レンタルランキング】

ハリウッド版『ゴジラ』が『るろ剣』最終章を抑えて初登場トップ!
ハリウッド版『ゴジラ』がレンタルでも大人気! - (C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC

 2月9日付のTSUTAYAレンタルDVD / ブルーレイランキングは、日本を代表する怪獣をハリウッドで復活させた、映画『GODZILLA ゴジラ』が初登場首位を獲得した。

 1998年に一度ハリウッドでリメイクされている『ゴジラ』だが、そちらのゴジラはオリジナル版とは異なる爬虫(はちゅう)類のような体形で、素早い動きもゴジラっぽくないことからファンには不評だった。しかし、今回のゴジラはオリジナル版に似た体形で、重量感のあるゆっくりとした動きや鳴き声に至るまで、昔ながらのゴジラをきちんと踏襲したことで観客の支持を集め、大ヒットを記録した。

 2位も初登場の『猿の惑星:新世紀(ライジング)』。名作SF『猿の惑星』の起源「いかにして人間が猿に支配されるようになったのか」を描く前日譚(たん)シリーズの2作目だ。前作から10年後、猿たちはサンフランシスコの森の中で勢力を拡大。文明的にも発展を遂げ、巨大なコミュニティーを築いていた。一方、ウイルスの影響で大半が死滅した人類は、わずかな生存者が都市部に暮らすのみ。そんなある日、数名の人間が森に侵入したことをきっかけに、再び猿と人間が衝突する。

 3位『るろうに剣心 伝説の最期編』、4位『LUCY/ルーシー』はそれぞれ先週から2ランクダウン。5位は初登場の『STAND BY ME ドラえもん』。国民的アニメ「ドラえもん」を初めて3DCG化し、原作の中から人気の高いエピソードを厳選し、新たな要素を加えて物語を再構築。ドラえもんとのび太の初めての出会いや、大人になったのび太としずかちゃんのラブストーリー、ドラえもんとのび太の別れなど、「知っているようで知らなかった」エピソードが大人世代の共感を呼んで大ヒットした。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『GODZILLA ゴジラ』(初登場)
2位『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(初登場)
3位『るろうに剣心 伝説の最期編』(1位)
4位『LUCY/ルーシー』(2位)
5位『STAND BY ME ドラえもん』(初登場)
6位『るろうに剣心 京都大火編』(4位)
7位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(3位)
8位『テルマエ・ロマエII』(7位)
9位『マレフィセント』(5位)
10位『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14位)

 今週はレンタル開始となる話題作がない中、『GODZILLA ゴジラ』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 10日
  5. ハリウッド版『ゴジラ』が『るろ剣』最終章を抑えて初登場トップ!