シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

浅野忠信、ブルーリボン賞受賞に男泣き!

浅野忠信、ブルーリボン賞受賞に男泣き!
情熱を持てるのは役者だけ……涙を見せた浅野忠信

 12日、第57回ブルーリボン賞の授賞式が都内で行われ、映画『私の男』で主演男優賞を獲得した浅野忠信が登壇。「ずっと一生懸命やってきて、自分で情熱を持ってやれるのは役者しかなかった。こういう賞をもらえたことが本当にうれしいです」と目に涙を浮かべて喜びを語った。

 在京スポーツ紙7社の映画担当者が選出するブルーリボン賞。登壇した浅野は会場に向け、「記者の方たちが実際の目で判断していただいて選んでもらった賞ということで、知らせを聞いたときは本当にうれしかった」とあいさつ。その後「自分で情熱を持ってやれるのは……役者しかなかった」と続けると、突然の涙。言葉を詰まらせながら、客席へ「すみません」と頭を下げた。

 そんな浅野に向け、この日の司会を務めた高良健吾は、「浅野さんがこれからも日本の映画界を引っ張っていくのを期待しております」とコメント。その言葉に、「受賞のことで頭がいっぱい」と照れくさそうにしていた浅野だが、女性司会を務めた女優の貫地谷しほりから「映画では禁断の愛が描かれていますが、浅野さんにとって愛とは一体何でしょうか」と問われると、「そうですね。そういうことが考えられたら、たぶん離婚もしなかったと思います」とおどけて見せるなど、冗談を交えた浅野節で会場を沸かせた。

 そのほか、『0.5ミリ』『百円の恋』で主演女優賞を受賞した安藤サクラは「スタッフの方や共演者の方や映画を応援してくださった方と一緒に喜べるというのがうれしい」とにっこり。さらに『紙の月』で助演女優賞を受賞した小林聡美が「わたしは昔から自分の作品を観た後にこうすればよかったとか反省して落ち込むタイプ。今回も観て落ち込んでいたのに、どういうわけか、こういう賞をいただけた。映画の神様のお戯れとしか言えない」とうれしそうな表情を見せると、『魔女の宅急便』で新人賞を受賞した小芝風花も「母と、正月のお年玉がもらえたみたい、お年玉どころか宝くじが当たったみたいだねって話していました。『魔女の宅急便』に関わってくれた全ての皆さんのおかげです」と笑みを浮かべるなど、それぞれに喜びを語っていた。(取材・文:名鹿祥史)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 12日
  5. 浅野忠信、ブルーリボン賞受賞に男泣き!