シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジャイアン役10年に木村昴しみじみ…爆笑・田中も「あと60年はできる」とエール!

ジャイアン役10年に木村昴しみじみ…爆笑・田中も「あと60年はできる」とエール!
(前列左から)大杉宜弘監督、井上麻里奈、田中裕二、関智一、木村昴

 映画版シリーズ35周年を記念して制作された『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』初日舞台あいさつが7日、有楽町のTOHOシネマズ 日劇で行われ、水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一、井上麻里奈、能登麻美子、大杉宜弘監督、そしてゲスト声優の田中裕二(爆笑問題)が出席した。

 今年は1980年の『ドラえもん のび太の恐竜』から35年、2005年に声優が一新してから10年という節目の年。「楽しかった!」という子供たちの声援を受けた水田は「35周年を迎えられたのも、皆さんの応援のおかげ。きっと(原作者の)藤子・F・不二雄先生も見守っていてくれていると思います。これからもよろしくお願いします」とコメント。会場からの大きな拍手を集めた。

 一方、ジャイアンの声を担当する木村は、「(声優が)2代目になってから10周年。14だったわたしも24になりまして。本当にみんなと一緒に10年を歩んでこられたのを幸せに思っております。これからも何十年も続けていきたいので、どうぞよろしくお願いします」とあいさつ。田中が「実は別の番組のナレーションをやってもらって。10代からお会いしているんですけど、今は24でしょ。あと60年はできるよね」とエールを送ると、ジャイアンの声で「これからもずっとよろしくな!」と応じていた。

 また、イベント中にスネ夫が「今日は僕のパパが建てた映画館にようこそ」という衝撃の事実(!?)を明かすと、ほかのキャストたちは「知らなかった」とビックリ。「みんなのギャラも僕のパパが出したし、(司会を務めたテレビ朝日の)島本真衣アナのギャラもパパが払うからね」と悪ノリ。さらに「僕のギャラも骨川さんが払ってくれました」と続けたが、これはもちろんスネ夫の声を務める関ならではのジョーク。その後、まじめな表情で関は「10年はあっという間。楽しい10年でした。これからもやっていきたいのでよろしくお願いします」と頭を下げていた。(取材・文:壬生智裕)

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 7日
  5. ジャイアン役10年に木村昴しみじみ…爆笑・田中も「あと60年はできる」とエール!