シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ブレイキング・バッド」の家の屋根にピザを投げる人が増加 警察が警備を強化

「ブレイキング・バッド」の家の屋根にピザを投げる人が増加 警察が警備を強化
投げたファンはウォルターのように回収したのでしょうか?−ウォルターの家として使われた家 - Steve Snowden / Getty Images

 テレビドラマ「ブレイキング・バッド」でブライアン・クランストン演じるウォルターが、家の屋根にピザを丸ごと投げるシーンがあるが、これを再現するファンを取り締まるため、警察が警備を強化するという。

 ウォルターがピザを投げるシーンは、ワンテイクで成功したという有名なもの。ウォルターの家の外観として使われたニューメキシコ州にある家は、番組が終了した今も観光客が後を絶たず、ピザを屋根に投げるファンもいて困っているという。

 クリエイターのヴィンス・ギリガンは、「最近、家の敷地内に入り込むファンが増え、注意をするとひどい態度を取ると家主さんから聞いている。屋根の上にピザを投げる人もいるそうだ。この人の家の屋根にピザを投げることはオリジナリティーもないし、おもしろくもない。すでにやった人がおり、君が思いついたことではない」とポッドキャストでファンに注意をしている。ヴィンスはまた、これらの人はファンではなく、ただのバカだとも言っている。

 40年前からこの家に住んでいるフラン・パディラさんは2013年のインタビューで、多くのファンは礼儀正しいとコメント。「先月はわたしが見ただけで404台の車が立ち寄ったわ。世界中の人と出会うことができるのは、すごい経験よ」と言っていた。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 14日
  5. 「ブレイキング・バッド」の家の屋根にピザを投げる人が増加 警察が警備を強化