シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ニコ動で驚異の視聴回数「青鬼」の謎が劇場版で明らかに!?フワッティーは進化系だった…?

ニコ動で驚異の視聴回数「青鬼」の謎が劇場版で明らかに!?フワッティーは進化系だった…?
フワッティーさんの目が怖い『青鬼 ver.2.0』ポスタービジュアル - (C) 2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会

 ニコニコ動画などで関連動画の視聴回数が6,000万回以上を誇る人気フリーゲーム「青鬼」の劇場版第2弾『青鬼 ver.2.0』の公開日が、7月4日に決定した。併せて公開された特報映像で、本作で初登場する怪物・青鬼の亜種「フワッティー」の新たなビジュアルが披露された。

 テレビドラマ「家政婦のミタ」の長男役などで知られる中川大志が主演を務める本作。いじめで不登校になったクラスメイトのシュン(タモト清嵐)の家に杏奈(平祐奈)と向かう途中、謎の怪物が現れるといううわさの屋敷ジェイルハウスに迷い込んでしまったひろし(中川)は、同屋敷がシュンの制作したゲームとリンクしていることに気づく。同じころ、シュンを不登校にさせた原因である卓郎(松島庄汰)、美香(久松郁実)、たけし(勧修寺玲旺)も屋敷に足を踏み入れていた。

 特報映像では、前作でも登場した“ブルーベリー色の巨人”の青鬼のバージョンアップした姿がフワッティーであることが暗に示され、ゲームで明かされなかった青鬼の謎が劇中で判明する可能性をにおわせる。またフワッティーのビジュアルも以前公開されていたものから、よりフワフワな見た目に変化。前、ヨコ、後ろとそれぞれの視点でフワッティーを楽しむことができる。このフワッティーに、『GANTZ: PERFECT ANSWER』などのCGを手掛けてきたデジタル・フロンティアがどのような動きを与えるのかにも注目だ。(編集部・井本早紀)

映画『青鬼 ver.2.0』は7月4日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 25日
  5. ニコ動で驚異の視聴回数「青鬼」の謎が劇場版で明らかに!?フワッティーは進化系だった…?