シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!【映画週末興行成績】

山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!
殺せんせーも笑顔! 『映画 暗殺教室』が初登場ナンバーワン! - (C) 2015 フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT (C) 松井優征/集英社

 興行通信社が23日に発表した、土日2日間(3月21日~22日)の全国映画動員ランキングでは、「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画を実写化した『映画 暗殺教室』が初登場で1位を獲得した。

 地球を破壊する力を持つ謎の生物“殺せんせー”と、彼を暗殺することになった生徒たちによる学園生活を描く本作。Hey! Say! JUMPの山田涼介や菅田将暉らが出演し、殺せんせーの声を嵐の二宮和也が担当。鑑賞動機(複数回答可)としては「キャストが好き」が38.1%を占めた。全国313スクリーン公開で、動員35万900人、興行収入4億1,078万8,100円を記録。客層の男女比は1対9と女性が圧倒的。年齢別では16~19歳が35.5%、13~15歳が22.4%と10代が半数以上を占め、20代が14.3%と続く。

 ベン・スティラー主演の人気シリーズ第3弾『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』は3位に初登場。全国663スクリーンで公開され、動員20万2,685人、興収2億6,077万900円となった。

 仮面ライダーと戦隊ヒーローが共演する「スーパーヒーロー大戦」シリーズ第3弾『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』が6位にランクイン。全国307スクリーンで公開され、動員14万5,688人、興収1億8,676万8,250円を記録。幻のキャラクター、仮面ライダー3号役を及川光博が務めており、普段のファン層に加えて、一般の観客も劇場に足を運んだようだ。

 ベネディクト・カンバーバッチ主演の『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』は11位とベストテン圏外にランクダウンしたものの、平日も好稼働を続け、公開10日間の成績は動員13万6,371人、興収1億7,519万2,800円と興収1億円を突破した。

 今週末は『ジュピター』『がむしゃら』『カフェ・ド・フロール』『群青色の、とおり道』『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』『ニンジャ・アベンジャーズ』などが公開となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2015年3月21日~22日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(初)『映画 暗殺教室』:1週目
2(1)『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』:3週目
3(初)『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』:1週目
4(2)『イントゥ・ザ・ウッズ』:2週目
5(3)『ストロボ・エッジ』:2週目
6(初)『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』:1週目
7(5)『風に立つライオン』:2週目
8(4)『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』:2週目
9(6)『アメリカン・スナイパー』:5週目
10(7)『ソロモンの偽証 前篇・事件』:3週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 24日
  5. 山田涼介主演『暗殺教室』が初登場1位!10代から圧倒的な支持!