シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

有村架純『ビリギャル』劇中歌にタワレコ店員大抜擢!

有村架純『ビリギャル』劇中歌にタワレコ店員大抜擢!
『ビリギャル』劇中歌は22歳の新人ミュージシャン! - (C)2015映画「ビリギャル」製作委員会

 有村架純の金髪ギャル姿が話題を呼んでいる映画『ビリギャル』の劇中歌が発表され、タワーレコード渋谷店のスタッフとして働く22歳の新人ミュージシャン・Sakuが大抜てきされた。

 劇中歌に起用されたのは、4月29日に緊急発売されるメジャーデビューシングルに収録されている「START ME UP」。力強く夢に立ち向かう主人公を後押しするように、「新しいあたしすきですか?」とエモーショナルに歌い上げるギターロックで、同曲を使用した予告編が公開された際には、「このきれい歌声は誰?」と話題を呼んでいた。

 この決定に有村は、「わたしとSakuさんは偶然にも年が同じで、お互い道は違えども、頑張りたいと思う気持ちにすごく似ているものを感じました。そんなSakuさんとお仕事ができて、本当にうれしく思っております」と喜びのコメント。「Sakuさんのこの歌声は男性にも女性にも響くようなステキな声です。この曲はきっと皆さんの耳に残る曲で、そして聴いた方の背中を押してくれる作品だと思います。Sakuさんの人柄も表れている優しい歌なので、劇中でも注目して聞いてみてください!」と呼び掛けた。

 一方、「本当に光栄です」と恐縮したSakuは、「映画を観て共感するところがたくさんあり、タワレコバイトをしながらミュージシャンデビューを夢見た日々を思い出して5回も泣いてしまいました……。わたしの劇中歌『START ME UP』が多くの方のもとへと羽ばたきますように」と自身の思いが詰まった曲をアピール。同曲で、サンボマスターが歌う主題歌「可能性」と共に映画に華を添える。

 『ビリギャル』は、累計発行部数65万部を突破するベストセラー「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を実写化した青春映画。偏差値30という成績学年ビリの金髪ギャル・工藤さやかが、ユニークな進学塾教師との出会いから“慶應義塾大学現役合格”という無謀ともいえる目標に挑戦する姿を描く。メガホンを取ったのは『ハナミズキ』などの土井裕泰監督。伊藤淳史、野村周平、安田顕、吉田羊、田中哲司ら実力派キャスト陣が脇を固める。(編集部・吉田唯)

映画『ビリギャル』は5月1日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 31日
  5. 有村架純『ビリギャル』劇中歌にタワレコ店員大抜擢!