シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

26歳にして監督作はこれで5本目!愛を描き続ける絶世の美青年グザヴィエ・ドランの軌跡

26歳にして監督作はこれで5本目!愛を描き続ける絶世の美青年グザヴィエ・ドランの軌跡
美し過ぎる才人グザヴィエ・ドラン - Photo credit : Shayne Laverdiere / (C)2014 une filiale de Metafilms inc.

 わずか26歳にしてこれが5作目となる、カナダ出身のグザヴィエ・ドラン監督の最新作『Mommy/マミー』が4月25日に公開される。19歳で、17歳のころに書いた脚本を自ら主演、監督したデビュー作『マイ・マザー』が第62回カンヌ国際映画祭の監督週間部門で上映されて以来、全作品がカンヌやベネチアなど世界の国際映画祭で上映されている若き俊英の魅力に迫った。

 ゲイであることをカミングアウトしている彼が一貫して描いているテーマは「愛」。デビュー作『マイ・マザー』では息子の視点から母への愛を、2作目の『胸騒ぎの恋人』ではゲイの男性とストレートの女性が同じ男性に恋することで生まれる駆け引きとひと筋縄ではいかない愛を描き、共に監督、脚本、主演を兼任。3作目の『わたしはロランス』では、フランソワ・オゾン監督の『ぼくを葬る』などで知られるフランスの人気俳優メルヴィル・プポーが女性として生きる決意をする男を演じた。

 つややかな色彩と巧みに用いた音楽で人物の深層心理を客観的にえぐり出すスタイルは全ての作品に共通しており、すでに確立した映像スタイルを持つ若き天才監督として、映画祭の常連に。続く4作目の『トム・アット・ザ・ファーム』は舞台脚本を映画化。閉鎖的な地域に宿る不穏で不気味な闇を描き、「まるで現在のヒッチコックのよう」と評された。また、理不尽な出来事が増殖する恐怖から逃れようとする主人公を自ら演じ、俳優としての存在感も改めて見せつけた。

 5作目となる本作は、再び息子と母の愛がテーマ。AD/HD(注意欠陥多動性障害)の息子と母が、真っすぐに愛情をぶつけ合う姿を1:1の比率でスクリーンに投影し、正方形に切り取られた登場人物の感情を体感する本作で、昨年ついにカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。

 次回作はジェシカ・チャスティンを主演に迎えた初の英語作品『ザ・デス・アンド・ライフ・オブ・ジョン・F・ドノヴァン(原題) / The Death and Life of John F. Donovan』で、ハリウッドで撮影準備中だという。また俳優として自ら出演を熱望した『エレファント・ソング』が、6月6日に日本で公開される。彼の才能に驚かされる機会は今後ますます増えそうだ。(芳井塔子)

映画『Mommy/マミー』は4月25日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 19日
  5. 26歳にして監督作はこれで5本目!愛を描き続ける絶世の美青年グザヴィエ・ドランの軌跡