シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「花子とアン」の中島歩、精神的に荒れ狂った撮影当時を振り返る

「花子とアン」の中島歩、精神的に荒れ狂った撮影当時を振り返る
撮影当時に思いを馳せた中島歩

 テレビドラマ「花子とアン」などの中島歩が23日、都内で行われた映画『グッド・ストライプス』の完成披露試写会に出席し、精神的に不安定だったクランクイン当時を振り返った。この日は、菊池亜希子、臼田あさ美、杏子、岨手由貴子監督も登場した。

 本作の脚本を読んだときの印象を、中島は「共感というところでは、常日頃自分が『こうなってはいけない』と思うタイプの役だったので、ちょっと距離を感じていたんです」と明かしながらも、「それを監督と話し合いながら距離を埋めていったんです」と振り返った。さらにクランクイン当時について「撮影に臨む際に、菊池と監督と三人でリハーサルを行ったんですが、精神的に荒れ狂ってしまい、すごく不安でいっぱいだったんです……」と吐露した。

 しかし岨手監督は、「そうでしたっけ? 確かにリハのときには不安定な状態で心配していたけど」と述懐しながら、「ちょうどソチオリンピックのころだったんだけど、次の日に声を掛けたら『昨日、(浅田)真央ちゃん見ました~?』って全然こたえてない様子だったんです」と返答。

 それに対しすかさず中島は「違うんです、あれは真央ちゃんに共感したということなんです」と反論。あたふたしたような様子を見せたが、岨手監督は聞く耳を持たず「この図太さが現代っ子っぽくて、中島君はこの役をやりきると確信しました」と会場の笑いを誘っていた。

 本作は、交際4年で倦怠(けんたい)期を迎えたカップルが、妊娠というハプニングにより結婚の道を選ぶ姿を描いたストーリー。岨手監督はこの映画のタイトルについて「結婚するときって、『相手に合わせる必要がある』と思われているじゃないですか。でもそのままでもいいんじゃないかって思うんです。平行線のままでも。そんな意味を込めてタイトルを付けました」とその真意を語った。

 菊池は「役柄の設定が同世代として切実。この物語を必要としている人もたくさんいるんじゃないでしょうか? 結婚のハードルを下げてくれるような作品です」とアピールしていた。(取材・文:桂伸也)

映画『グッド・ストライプス』は5月30日より新宿武蔵野館ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 23日
  5. 「花子とアン」の中島歩、精神的に荒れ狂った撮影当時を振り返る