シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

連載第8回 『情婦』(1957年)【名画プレイバック】(1/3)

連載第8回 『情婦』(1957年)
『情婦』(1957年)マレーネ・ディートリッヒとタイロン・パワー - 写真:AFLO

 SNSなどで即時に個人が情報を広く拡散することが可能な現代において、映画のネタバレは大いなる問題だ。近いところでは『ゴーン・ガール』が、原作同様に“どんでん返し”が大きな売りで、そこを語らずにどのように魅力を伝えればよいか頭を悩ませた同業者も多かったに違いない。エンドクレジットと共に、「結末は 決してお話しにならないように」というナレーションが流れる法廷ミステリー『情婦』(1957年)は、まさにネタバレ厳禁映画の最高峰だと言えるだろう。(今祥枝)

 『情婦』は、アガサ・クリスティが1925年に発表した短編推理小説「検察側の証人」と、それを基にしたクリスティ自身による戯曲をビリー・ワイルダーが監督と共同脚色を手がけて映画化した。戯曲は1953年の初演以来、現在に至るまで繰り返し上演されている定番の演目となっているので、演劇ファンにもおなじみの題材か。原作、戯曲も有名で、舞台劇や豪華キャストによるテレビ映画『検察側の証人』(1982年)などもあることから、同じクリスティ原作の『オリエント急行殺人事件』並みに本作のオチも広く知られているのかもしれないが、以下の本稿では結末については触れていない。

 1952年のロンドン。老練な弁護士ウィルフリッド卿(チャールズ・ロートン)は、大病をしたばかりで看護師ミス・プリムソル(エルザ・ランチェスター)に付き添われて、病院から事務所兼自宅に戻ってくる。「安静に!」と口うるさくプリムソルに言われるも、事務弁護士メイヒューが未亡人殺しの容疑者レナード(タイロン・パワー)を連れてきたことから、退屈の虫がうずうずとしていたウィルフリッドは独自のテストにパスしたレナードを無罪だと信じ、弁護依頼を引き受ける。だが、状況は極めて不利で、アリバイを証明できるのは容疑者の妻クリスチーネ(マレーネ・ディートリッヒ)のみ。やがて裁判が始まり、ウィルフリッドは法廷で検察側と激しい攻防戦を展開する。裁判の行方はどうなるのか? そして殺人事件の真相は……?

 優勢かと思えば劣勢になり、新たな証言、新事実などが次々と出てきて状況は二転三転。“衝撃の結末”を待たずとも、法廷ドラマとして十二分に娯楽性に優れている。だが、何よりも本作を傑作たらしめているのは、見事に監督の意図にハマったキャストによる、圧倒的な個性と存在感を発揮している登場人物たちの造形の巧みさにあるだろう。

 イギリス出身の舞台のベテランにして、オスカー俳優チャールズ・ロートン扮するウィルフリッドと、同じくイギリス出身の実力派エルザ・ランチェスター(実生活ではロートンの妻)が演じる看護師プリムソルの、実に愉快でリズミカルな会話で始まる冒頭からして素晴らしい。かっぷくのいいウィルフリッドは、看護師に飲酒や喫煙、不摂生を口やかましく注意されながらも、客人にタバコをせびったり、ブランデーをこっそり飲んだりとちゃめっ気もたっぷり。観客は瞬時にウィルフリッドの型破りで、どこか人の良さげな愛すべき人柄に心をつかまれる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 5月
  4. 1日
  5. 連載第8回 『情婦』(1957年)