シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

オダギリジョーのおかっぱ頭!?仏が愛した画家・藤田嗣治演じる『FOUJITA』11月に公開

オダギリジョーのおかっぱ頭!?仏が愛した画家・藤田嗣治演じる『FOUJITA』11月に公開
映画『FOUJITA』より - (C)2015「FOUJITA」製作委員会/ユーロワイド

 1920年代からフランスを中心に活躍した日本人画家・藤田嗣治の半生を描いた映画『FOUJITA』の公開日が11月14日に決定。併せてビジュアルが公開され、主演のオダギリジョーが、おかっぱ頭や丸メガネが特徴的な藤田にふんしている姿が披露された。

 本作は映画『死の棘』で第43回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ&国際批評家連盟賞をダブル受賞した小栗康平監督が10年ぶりに挑んだ新作。1913年に27歳で単身フランスへ渡り、1920年代前半に発表した「ジュイ布のある裸婦」をはじめとして、「乳白色の肌」と称された裸婦像が絶賛され、パリに愛された画家・藤田。映画では彼の生きざまを戦前と戦後の二つの時代、そして日本とフランスの二つの国の文化の差異に着目して描く。藤田は、第2次大世界大戦中の1940年に帰国し、戦争協力画も手掛けていた人物だが、戦後に戦争責任を問われて日本を去ってからは、二度と日本に戻らなかった。

 小栗監督はこの作品のため、自身でオリジナル脚本を執筆。「パリの裸婦は日本画的といってもよく、日本での"戦争協力画"は西洋の歴史画に近い。『大東亜の理想』が叫ばれていたときである。これをフジタの"ねじれ"ととるか、したたかさと取るか、掘り下げるべきテーマは深い」と語っている。

 また同作には、世界的大ヒットとなった『アメリ』を生んだ、フランスのプロデューサー、クローディー・オサールも参加しており、ストーリーの半分はフランス語で進行する。そのため、藤田を演じるオダギリはフランス語を猛特訓してから撮影に挑んだとのこと。共演は、『電車男』『嫌われ松子の一生』などの中谷美紀のほか、加瀬亮、岸部一徳、アナ・ジラルド、アンジェル・ユモーなど。

映画『FOUJITA』は11月14日より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 6月
  4. 10日
  5. オダギリジョーのおかっぱ頭!?仏が愛した画家・藤田嗣治演じる『FOUJITA』11月に公開