シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ハリウッドスターが続々Twitterでアメリカ同性婚の容認を祝福!(1/2)

ハリウッドスターが続々Twitterでアメリカ同性婚の容認を祝福!
写真はニューヨークのゲイ・プライド・パレードに参加したイアン・マッケランとデレク・ジャコビ - Taylor Hill / FilmMagic /Getty Images

 米連邦最高裁判所が26日(現地時間)、同性婚は合衆国憲法上の権利であると認める判決を下し、同性婚を禁じる州法を違憲と判断した。この歴史的判決を多くの著名人がTwitter上で祝福している。

 オバマ大統領がTwitter上で「今日は平等に向かっての大きな一歩だ。ゲイとレズビアンのカップルは今、他の人たちと同じように結婚する権利を持っているのです」というコメントを「#LoveWins」(愛は勝つ)というハッシュタグと共にツイートしたことで、「#LoveWins」がトレンドに。このハッシュタグを使うと、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)のシンボルカラーとして知られるレインボー色の絵文字のハートが付くという機能がTwitterに備わるほど盛り上がりを見せていた(現在、その機能は終了)。

 同性愛者であることをカミングアウトしている著名人のツイートとして、『X-MEN』シリーズなどの名優イアン・マッケランは「おめでとう、平等を主張してきた人々。週末、ニューヨークのゲイ・プライド・パレードで祝えることが喜ばしい。#LoveWins」、第87回アカデミー賞授賞式で司会を務めたことが記憶に新しいニール・パトリック・ハリスも「新しい日の始まりだ。ありがとう、最高裁判所。ありがとう、ケネディ判事。あなたが知っている以上に、あなたの意見は核心をついている。#huzzah(バンザイ!)」と感慨深いツイートをした。

 同じく同性愛者でSFシリーズ「スター・トレック」の元祖スールー役で知られる日系人俳優のジョージ・タケイは「国の法で結婚の平等が認められ、わたしの目は涙で光っている。週末のパレードは一体どうなるんだろう!」、アップルの現CEOであるティム・クックも「今日は平等、忍耐、愛の勝利を刻んだ」と判決を喜んだ。

 また、昨年に同性愛者であることを公の場でスピーチしたことが話題を呼んでいた、『JUNO/ジュノ』の女優エレン・ペイジも「わお! こんなに素晴らしいニュースを聞けるなんてとても感動。なんて美しい日なんだろう。平等のために意欲的に働いてきた人々に感謝。#LoveWins」とツイートし、ニューヨークのゲイ・プライド・パレードに参加した様子も投稿していた。

 ハリウッドで活躍するそのほかの俳優たちも続々とお祝いのツイートをしている。レオナルド・ディカプリオは「#LoveWins『法の下に、平等なる尊厳を求めている。憲法は、彼らにもその権利を付与している』#SCOTUS(最高裁判所) 2015年6月26日」と連邦最高裁判所の裁判所命令文を引用。『グリーン・ランタン』のライアン・レイノルズは「人間愛に対する、うそ偽りのない音楽的高まり!#MarriageEquality(結婚平等)」、『テッド』の原案、監督、脚本のすべてをこなし、テッドの声も担当したセス・マクファーレンは「ゲイとレズビアンの権利、この記念すべき前進でついにモダンな時代に追い付くことができて、おめでとうアメリカ」とツイートしている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 6月
  4. 29日
  5. ハリウッドスターが続々Twitterでアメリカ同性婚の容認を祝福!