シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

本郷奏多、初の始球式で100点満点のナイスピッチング!あだ名は「バッティングセンター」

本郷奏多、初の始球式で100点満点のナイスピッチング!あだ名は「バッティングセンター」
ナイスピッチ! - 初の始球式を行った本郷奏多

 実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』に出演する俳優の本郷奏多が7日、東京ドームで行われたプロ野球・読売巨人軍対ヤクルトスワローズ戦の始球式に登板した。本作の公開日である背番号「0801」の巨人軍ユニフォーム姿で現れた本郷に球場は大盛り上がり。本郷も見事なピッチングを披露し、歓声に応えた。

 この夏2部作連続公開される話題の実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と読売巨人軍のコラボレーションにより、この日、本作で明晰(めいせき)な頭脳を武器に巨人との戦いに挑む青年アルミンを演じる本郷の登板が実現した。

 人間を捕食する巨人と人類の壮絶な戦いを描いた本作だが、始球式では「巨人」つながりということで、巨人軍進撃の応援に回った本郷。駆け足でマウンドに上がると、打席に立つヤクルトの選手に向かい、大きく振りかぶって投球。緩やかな曲線を描いたボールが吸い込まれるようにミットに沈むと、「お~」とうなるような歓声が湧き、満足気な本郷は、にこやかに手を振りながら球場を後にした。

 その後の囲み取材で、「置きにいってよかったです。ちゃんと入る速さで投げました」と計算通りのピッチングに顔をほころばせた本郷。「100点あげていいと思います。すごい観客で、プロの選手に囲まれて緊張していたので、ちゃんと真ん中に投げられて良かったです」と自己採点も高評価だ。

 草野球チーム「ポメラニアンズ」では監督をするほど野球好きだそうで、「普段はバッティングピッチャーをやっているので、あだ名はバッティングセンター。速くも遅くもない、すごく打ちやすい球が評判です」とにっこり。そのため、ブルペンで10~20分ほど練習しただけで本番に臨んだんだとか。「草野球をやっていてよかったなと思いました」と胸をなでおろすと、「(選手には)試合前の緊張感があるので近づけなかったので残念ですけど、テレビで見ていた選手や、原(辰徳)監督を遠目に見られたので良かったです」と人生初の始球式を楽しそうに振り返った。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は8月1日より、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日より全国東宝系にて2部作連続公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 本郷奏多、初の始球式で100点満点のナイスピッチング!あだ名は「バッティングセンター」