シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

東京国際映画祭、審査委員長に『X-MEN』ブライアン・シンガー監督【第28回東京国際映画祭】

東京国際映画祭、審査委員長に『X-MEN』ブライアン・シンガー監督
写真は会見に出席した行定勲監督、ソト・クォーリーカー監督、ブリランテ・メンドーサ監督

 10月に開催される第28回東京国際映画祭の記者会見が28日、六本木ヒルズで行われ、コンペティション部門の審査委員長に『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー監督が就任することが発表された。また、オープニング作品にはロバート・ゼメキス監督最新作『ザ・ウォーク』、クロージング作品には佐藤浩市&本田翼共演の『起終点駅 ターミナル』が決定した。

 同映画祭のディレクター・ジェネラルの椎名保氏は「昨年から映画祭というものを見直し、映画ファンのみならず、一般の方にも楽しんでいただけるものにしたいと考えていた。カンヌ、ベネチア、ベルリンなど、世界の歴史ある映画祭を見習いながら、東京らしい映画祭を追求していきたい」と決意表明。

 そして、事務局長・都島信成氏から、シンガー監督の審査委員長就任、オープニング&クロージング作品、特集上映のプログラム、新宿への上映エリアの拡大、さらには新たな創設部門も続々と発表され、その全容が徐々に明らかに。特集上映としては、先行発表されたアニメーション特集「機動戦士ガンダム」に加え、「寺山修司生誕80年」「生誕100年オーソン・ウェルズー天才の発見」「追悼特集『高倉健と生きた世界』」「『乱』4Kデジタル復元版ジャパンプレミア」が実施されることが決定した。

 また、国際交流基金企画の「アジア三面鏡」では、『世界の中心で、愛をさけぶ』などの行定勲監督をホストに、『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』のブリランテ・メンドーサ監督(フィリピン)、『遺されたフィルム』のソト・クォーリーカー監督(カンボジア)の3人の気鋭監督が国境を越えて、一つのテーマでオムニバス映画を製作する。この新たな試みに対して、行定監督は「これまでアジア映画からたくさん刺激を受けてきた。二人のパワーをすごく感じているので、ホストとしていい潤滑油になれれば」と抱負を語っていた。(取材:坂田正樹)

第28回東京国際映画祭は10月22日~31日に六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿ほかにて開催


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 28日
  5. 東京国際映画祭、審査委員長に『X-MEN』ブライアン・シンガー監督