シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大山のぶ代、認知症公表後初の仕事に「幸せです」 ビデオメッセージで元気な声

大山のぶ代、認知症公表後初の仕事に「幸せです」 ビデオメッセージで元気な声
会場では大山のぶ代の画像と肉声が組み合わされたビデオメッセージが流れた

 声優の大山のぶ代が、認知症公表後初となる声優の仕事に、「久しぶりにまたモノクマを演じることができて本当に幸せです」と喜びを語った。29日、都内で行われた舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」制作発表会で、モノクマ役の声優を担当する大山から寄せられた写真と肉声が組み合わされたビデオメッセージが披露された。

 ビデオで大山は、「モノクマ役を務めさせていただきます大山のぶ代です。この度は『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE』の公演決定、誠におめでとうございます。先日、この舞台のためだけに新たなセリフを収録させていただきした。わたくしはモノクマが大好きなの」と今までと変わらない愛らしい声とコメント。また「うぷぷぷぷ。ワクワクのドキドキのステージの始まり始まり~。お前らギロッポンで待っているぞー」と役のセリフで締めくくった。

 この日は、横浜流星、山田菜々、川島邦裕(野性爆弾)、いしだ壱成、神田沙也加ら豪華キャスト陣のほか、演出家の松崎史也と、主題歌を担当する神田所属する音楽ユニットTRUSTRICKのBillyも出席。

 収録に立ち会った松崎は「本当にとてもお元気でした。声を聞いていただけるとわかると思いますが、とにかくキュートで(NGもなく)素晴らしかった。モノクマそのもので感動しました」と絶賛。神田も「新録ですよね。ファンとしては非常にテンションが上がる。すごい楽しみ」と興奮が抑えられない様子。記者から、闘病中の大山の代役を考えたことはなかったかという質問が飛ぶと、松崎は「僕が決められることではありませんけど、モノクマは大山さんしかあり得ない」と断言。その言葉を聞いた神田をはじめ、キャスト陣は大きくうなずいていた。

 本舞台は、南の島でのサイコトロピカルな“コロシアイ”を描いた作品。卓越した才能を持つ高校生たちが修学旅行で訪れた南国の島から脱出するため、生徒同士で殺し合うさまが描かれる。(取材・文:鶴見菜美子)

舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」は12月3日~13日にZEPPブルーシアター六本木で上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 大山のぶ代、認知症公表後初の仕事に「幸せです」 ビデオメッセージで元気な声