シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

斎藤工、阪本順治&藤山直美15年ぶりコンビ作のキーパーソンに抜てき!

斎藤工、阪本順治&藤山直美15年ぶりコンビ作のキーパーソンに抜てき!
映画『団地』のロケ地にて - (C)2015「団地」製作委員会

 俳優の斎藤工が、阪本順治監督&藤山直美の『顔』以来15年ぶりのコンビ作となる新作映画『団地』に出演することが決定。阪本組初参加の喜びを語った。

 映画『団地』は、団地に引っ越してきた主婦・ヒナ子(藤山)にまつわる奇妙なウワサのてん末を描いた人間ドラマ。ある日、夫の清治(岸部一徳)が失踪し、それと同時にヒナ子の家にスーツ姿の男が出入りするようになる。やがて団地内では「ヒナ子が夫を殺し、死体を隠している」というウワサがささやかれるようになり、テレビ局、警察まで巻き込んだ大騒動へと発展していく……。

 斎藤が演じるのは、ヒナ子の家に出入りする謎のスーツの男。斎藤は「震えました。本当にあの阪本順治監督の“阪本組”か、事務所に何度も確認したと思います」と出演オファーを受けたときの興奮を振り返り、「傑作だらけの阪本作品の中で個人的に最も圧巻だったのが藤山直美さん主演の『顔』でした。そんな阪本監督×藤山さんを軸に岸部さん石橋さん大楠さん…邦画界のレジェンド方とご一緒出来る幸福に震えました」と阪本監督、藤山をはじめ岸部一徳、石橋蓮司、大楠道代ら名だたる名優たちとともに名を連ねる喜びをかみしめている。脚本を読んだ斎藤は、「阪本監督の頭の中を覗いてみたいと思った事は初めてではありませんがこの脚本を読み未だ嘗てない程強くその感情になりました」とあらためて、極めて独創的な阪本ワールドに圧倒された様子だ。

 セクシーな男の代名詞として人気を誇る一方で、映画『虎影』ではイノシシのかぶり物をして駆け回る笑撃の姿を披露し、『リアル鬼ごっこ』では高校生&老爺の一人二役をこなすなど、自らの殻を破るハングリー精神で周囲を圧倒してきた斎藤が、阪本組でいかなる変身を見せるのか? 乞うご期待! (編集部・石井百合子)

映画『団地』は2016年全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 28日
  5. 斎藤工、阪本順治&藤山直美15年ぶりコンビ作のキーパーソンに抜てき!