シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

第21回:『ガス燈』(1944年)監督:ジョージ・キューカー 主演:イングリッド・バーグマン【名画プレイバック】(1/3)

第21回:『ガス燈』(1944年)監督:ジョージ・キューカー 主演:イングリッド・バーグマン
『ガス燈』で夫に追い詰められ、情緒不安定に陥る妻を熱演したバーグマン - (C)MGM / Photofest / ゲッティイメージズ

 映画史に燦然と輝く銀幕のスター、イングリッド・バーグマン。8月29日に生誕100年を迎える記念となる今年、5月に開催されたカンヌ国際映画祭の公式ポスターに起用され、今なおアイコンとして世界中の映画ファンに愛され続けている。生涯で3度のアカデミー賞を受賞したバーグマンが、初のアカデミー賞主演女優賞に輝いたのが『ガス燈』(1944年)だ。(今祥枝)

 スウェーデン出身のバーグマンは母国でも名の知られた女優だったが、自身が主演のスウェーデン映画『間奏曲』(1936年)のリメイク『別離』(1939年)でアメリカ映画初出演を果たし、瞬く間にハリウッドを代表する女優のひとりとなった。何よりも、知性と誠実さを備えた際立つ美貌に観客が目を奪われたことは想像に難くない。代表作として最もよく知られているのは、やはり美貌が映えるメロドラマの要素が強い『カサブランカ』(1942年)だろうか。もちろん、AFI(アメリカ・フィルム・インスティチュート)選定の「映画スターベスト100」の女優部門で堂々の第4位の実力は、圧倒的な説得力をもって観客を物語の世界へ引き込む確固とした演技力に裏打ちされている。

 『ガス燈』は、パトリック・ハミルトンの戯曲の舞台版をもとにした心理サスペンス。1940年の英国版映画化もあるが、2度目の映画化となった本作が有名だ。品のよいフランスの美形スター、シャルル・ボワイエと、この時期“理想の女性像”として絶大な人気を博したバーグマンの美男美女の共演は、本作を観る上で最大の見どころのひとつ。だが、舞台でキャリアを積んだ、確かな実力の持ち主ボワイエと、若き実力派バーグマンの静かな火花が散る演技合戦、とりわけその視線の演技は、密室劇であり心理戦が主題である本作にふさわしく見応えがある。

 映画は、両親を早くに亡くし、育ての親だった高名な歌手の叔母が何者かに殺されたポーラ(イングリッド・バーグマン)が、霧深いロンドンのソーントン街からイタリア留学に向かう場面から幕を開ける。事件は未解決だったが、太陽が輝く新天地でポーラは恋に落ち、声楽の勉強をやや唐突に諦めて作曲家グレゴリー(シャルル・ボワイエ)と結婚する。グレゴリーの希望もあり、再びロンドンの家に戻り新婚生活を始めるが、蜜月はすぐに終わりを告げ、ポーラは家に閉じこもり、人と会わず、鬱々とした日々を送るようになっていく。

 きっかけは、叔母のピアノにあった楽譜に挟まれた男性からの手紙を見つけたこと。聞き覚えのない差出人の名前に狼狽するグレゴリー。その日から、ポーラは物忘れがひどくなり、盗癖も露見する。夜になると部屋のガス燈がふっと暗くなる時間帯があり、誰もいないはずの、叔母のステージ衣装などがしまってある屋根裏部屋から奇妙な物音が聞こえると怯えるポーラ。だが、グレゴリーはポーラの幻覚・幻聴だと言う。自分は狂気に陥ったのかと、不安が頂点に達するポーラ。そんな彼女と夫を、ポーラの叔母と交流があった警部キャメロン(ジョセフ・コットン)が心配そうな顔で見つめるのだった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 8月
  4. 28日
  5. 第21回:『ガス燈』(1944年)監督:ジョージ・キューカー 主演:イングリッド・バーグマン