シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

上原多香子、夫の死から約1年…笑顔で女優業復帰

上原多香子、夫の死から約1年…笑顔で女優業復帰
明るい笑顔を見せた上原多香子

 タレントの上原多香子が7日、都内で行われたタクフェス第3弾「くちづけ」の公開ゲネプロに出席。昨年9月に夫でET-KINGのメンバーであるTENNさんを自殺で亡くして以降、活動を控えていた上原。本舞台で女優業に復帰した上原は、記者から「お帰りなさい」と声をかけられると、「はい!」といつもの明るい笑顔を見せた。

 俳優の宅間孝行が仕掛けるエンターテインメントプロジェクト“タクフェス”の第3弾となる本舞台は、10年以上前に実際に起きた出来事を基に、知的障がい者とその家族の姿を描いた優しくも切ない物語。初日を迎えた上原は、「この稽古に集中していたので、お話をいただいてからやっと今日を迎えられた喜びでいっぱい。待っていてくださるお客様に早くお会いしたい」と晴れやかな表情で語った。

 上原が演じるのは、宅間ふんする知的障がい者うーやんの妹、健常者の智子。「知的障がい者のグループホームが舞台なのですごく難しい」と言いつつも、「知的障がいのある出演者のご家族の方にリアルな意見をいただいたり、ホームに訪問したりしました」と入念な役づくりを明かし、ゲネプロでは見事な演技を披露。特に前半の1つの山場となる兄妹のシーンは秀逸で、宅間は「いい芝居するんですよ。見ていただきたい。踊っているだけじゃないぞ! 泣かせるぞ! という感じがひしひしとする名演をしております」と舌を巻き、「止めてください(笑)」と上原を照れさせた。

 また宅間は、上原にまつわる稽古場でのエピソードも披露。あるときには、上原が「炊き込みご飯をやろう」と稽古場に炊飯器や材料を持ち込み、稽古終わりに食べられるようにしてくれたという。その後、上原が炊飯器を持ち帰らないため、若手俳優やスタッフが米やおかずを買い、上原がご飯を炊くという事態に毎日なったといい、「本当に同じ釜の飯を食っていた」とにっこり。昼夜2回炊くこともあったそうで「稽古場中にご飯の匂いが漂って、稽古場なのか食堂なのか……」と楽しそうに報告した。この日は、金田明夫、森田涼花、大和田獏、かとうかず子、柴田理恵も出席した。(取材・文:鶴見菜美子)

舞台「くちづけ」は10月7日から18日まで東京・サンシャイン劇場にて上演(12月13日まで札幌、富山、新潟、松本、福岡、島根、大阪、仙台、愛知で順次公演)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 7日
  5. 上原多香子、夫の死から約1年…笑顔で女優業復帰