シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

本郷奏多、「いい作品に久しぶりに出た」発言を慌てて訂正!

本郷奏多、「いい作品に久しぶりに出た」発言を慌てて訂正!
いや、違いますよ! - 本郷奏多

 俳優の本郷奏多が13日、都内で行われた映画『シネマの天使』完成披露上映会舞台あいさつに藤原令子、阿藤快、ミッキー・カーチス、時川英之監督と共に出席。昨年8月に閉館した広島県の映画館・シネフク大黒座を舞台に製作された本作について、本郷は「すごくいい作品に久しぶりに出させてもらったな」と感想を漏らし周囲を慌てさせたが、すぐに「いや、違いますよ! あったかいやつに久しぶりに出たなって」と誤解を解きはにかんだ。

 本作は、122年の歴史を誇るも昨年閉館したシネフク大黒座で撮影されたヒューマンドラマ。閉館が迫る老舗映画館の大黒座で働き始めた新入社員の女性(藤原)とその前に現れた謎の老人(ミッキー)、いつか自分の映画を作りたいと夢見るバーテンダー(本郷)など、同劇場をめぐる人々の人間模様が映し出される。

 この映画の主役は大黒座だという本郷は、「実際に歴史のある、本当にあったものを使ってやっているし、壁に書いてあるメッセージとか実際に足を運んだ方々の思いみたいなものがすごく乗っている作品でして」と熱弁。時川監督は、本作が製作されたいきさつについて「広島市でランチをした際に『大黒座を舞台にした短編映画を作ったらどうですかね』と気軽に話していたら、大黒座のスタッフの方たちが急にどっと泣き出されて」と明かした。

 「閉館する映画館のために何ができるんだろう」といろいろ考えたという時川監督は「もし仮に、大黒座を壊してしまう前に長編の映画を作ることができて、大黒座がなくなった後もその映画は残る、大黒座が生き残るみたいなことができたら素晴らしいんじゃないかなと思ったんです」と本作への思いを話した。

 舞台あいさつを終始盛り上げていたミッキーは、当初本作は大黒座を取り壊すところを映すドキュメンタリー作品だと聞いていたという。「壊しているところは撮られないから、じゃあ映画にしちゃおうかっていうのが最初の発想だったってチラッと聞いたけど、うそ!?」と補足し、監督をタジタジに。また、本作が映画初主演となる藤原は「わたしは今初めて経緯を聞いたと思うんですけど」と切り出すと、「ドタバタで始まったので、一生懸命お仕事をするので精いっぱいでした。役的には等身大の女の子で同じような悩みを抱えていたので、映画を通してわたしも変われたのかな」と振り返った。(編集部・高橋典子)

映画『シネマの天使』は10月31日より広島先行公開、11月7日よりヒューマントラスト渋谷ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 13日
  5. 本郷奏多、「いい作品に久しぶりに出た」発言を慌てて訂正!