シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

第27回:『独立愚連隊』(1959年)監督:岡本喜八 出演:佐藤允、三船敏郎、鶴田浩二【名画プレイバック】(1/3)

第27回:『独立愚連隊』(1959年)監督:岡本喜八 出演:佐藤允、三船敏郎、鶴田浩二
「独立愚連隊」DVD発売中 価格:4,500円+税 発売・販売元:東宝

 戦後70年の2015年、太平洋戦争終結の舞台裏に迫ったルポルタージュ『日本のいちばん長い日』の2度目の映画化作品が公開された。その原田眞人監督による新バージョンと比較されたのが1967年の岡本喜八監督版。岡本版の『日本のいちばん長い日』は終戦までの24時間をオールスターキャストと圧倒的なテンションで描き切って大ヒットしたが、自らも赤紙で招集され、内地で終戦を迎えたものの爆撃で多くの死を目の当たりにした喜八監督にとって戦争への思いは並々ならぬものがあった。直接、間接含めると39本ある監督作の半数以上が戦争をテーマとして扱っており、その出発点となった傑作が『独立愚連隊』(1959)だ。(村山章)

 東宝の助監督として長い下積み時代を過ごした岡本喜八の監督デビューは34歳。人気作家だった石原慎太郎が東宝で映画を初監督すると知った助監督たちが、外様の異業種監督だけでなく自分たちからも監督に登用すべきだと会社側に抗議。それではシナリオを提出しろと言われて書き上げたオリジナル企画が『独立愚連隊』だった。

 シナリオが認められて監督昇格が決まったものの、『独立愚連隊』は新人には荷が重かろうと一旦見送られてしまう。そこで遊び心あふれるラブコメ『結婚のすべて』(1958)やギャング映画『暗黒街の顔役』(1959)などを撮り上げ、念願の『独立愚連隊』は5本目の監督作になった。

 物語の舞台は日中戦争末期の中国大陸。従軍記者の荒木(佐藤允)が前線の児玉大隊を訪ねてくる。荒木はある見習い士官が中国人女性と心中したゴシップ的な事件を追いかけており、見習い士官が所属していた独立九〇小哨、通称「独立愚連隊」を探していた。

「独立愚連隊」はゴロツキを集めた捨て駒部隊で、5,000人の敵軍が包囲する最も危険な陣地に配置されていた。自殺行為だと止められながら荒木は独立九〇小哨を訪ねる。実は、荒木の正体は実弟である見習い士官の死の真相を探る脱走兵で、はみ出し者ばかりの愚連隊の面々との間に奇妙な連帯意識が生まれていく。やがて荒木は軍内部の汚職と黒幕を突き止めるが、時を同じくして圧倒的多数の敵軍が迫ろうとしていた……。

 終戦から14年。まだ戦禍の記憶が生々しい時代にあって『独立愚連隊』はとてつもなく型破りだった。西部劇のテイストを盛り込んだアクションコメディーの体裁をとり、ストーリーの軸は主人公が肉親を殺した悪漢を探すミステリー。そんな徹底したエンタメ志向は「戦争を茶化している」「不謹慎だ」といった非難も受けた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 23日
  5. 第27回:『独立愚連隊』(1959年)監督:岡本喜八 出演:佐藤允、三船敏郎、鶴田浩二