シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

成宮寛貴、ピーター・パンの思い出にウルウル!

成宮寛貴、ピーター・パンの思い出にウルウル!
若き日のフック船長の声を務める成宮寛貴

 映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』の完成披露試写会が15日、都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めた成宮寛貴と水川あさみが登壇した。この日は、「ピーター・パン」への強い思い入れを語るあまり、成宮が涙ぐむ場面も見られた。

 本作は、「ピーター・パン」を新たな視点で実写化したファンタジー大作で、普通の少年がピーター・パンになるまでの秘められたドラマを描く。日本語吹き替え版では、成宮が若き日のフック船長、水川が美しき戦士タイガー・リリーの声を担当した。

 子供の頃から「ピーター・パン」が大好きだったという成宮は、「寝る前に本もよく読んでいたし、想像を膨らませて、いつかネバーランドに行けたらと思っていました」と幼少期を振り返る。それだけに役に対する思い入れも強く、「ピーター・パンはある時、自分のためではなく、人を守るために(高い所から)飛び降りるんです。そこで初めて彼はピーター・パンになるんだけど、そのシーンを思い出すだけで泣いちゃうんですよ」と熱く語る瞳はウルウルと輝いていた。

 アフレコについては、「台本を読んで思っていた設定の声よりも、3倍くらいにテンションを上げてしゃべらないと、ハマらなくて。そのあたりを探るのは楽しかったし、新しい挑戦でしたね」と成宮が語る一方、声優初挑戦となった水川は「すべてが初めてだったから、いろんな発見があって楽しめたけど、不安もありつつ、いろんな感情がブースの中で湧き上がっていました」と緊張の初体験の様子を明かした。

 劇中では、フック船長とタイガー・リリーの淡い恋模様も見どころの一つ。水川は、フック船長の印象を「とても不器用なところが目立つけど、ピーター以上にすごくかわいい一面を見ることができて、素敵だなと思いました」と話し、成宮をチラッと見ると、成宮は「僕じゃないですからね」と少し焦ったような様子を見せて会場の笑いを誘った。(取材・文:桂伸也)

映画『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』は10月31日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 15日
  5. 成宮寛貴、ピーター・パンの思い出にウルウル!