シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

森田剛『ヒメアノ~ル』はR15+指定!容赦ない暴力描写に挑戦!

森田剛『ヒメアノ~ル』はR15+指定!容赦ない暴力描写に挑戦!
原作の狂気をどこまで再現するのか? 「ヒメアノ~ル」原作書影 - (C)古谷実/講談社

 V6の森田剛が初主演を務め、人気漫画家・古谷実の衝撃作を実写化する映画『ヒメアノ~ル』(2016年5月28日公開)が、映画倫理委員会(映倫)の審査により、R15+指定を受けたことが明らかになった。

 パートタイマーとして清掃会社で働く岡田のありふれた日常と、後に岡田の恋人となるユカをつけ狙う連続殺人犯・森田正一の凶行を同時進行で描く本作。森田が初主演にして凶悪な殺人者という難役に挑むほか、平凡な男・岡田進を濱田岳が、正一に狙われるヒロイン・ユカを佐津川愛美が演じる。『銀の匙 Silver Spoon』『麦子さんと』などの吉田恵輔監督がメガホンを取った。

 映画化にあたって森田は、日常と狂気が交錯する原作の過激な世界観を表現するべく、容赦のない暴力シーンの撮影にも果敢に挑んだといい、衝撃的な映像の数々に、R15+指定(15歳以上鑑賞可能)作品となることが決定。関係者向けの試写では途中退席者が出るほどだったといい、森田の演技だけでなく、ユーモラスな人間描写に定評のある吉田監督の新境地となることも期待させる。

002
『ヒメアノ~ル』に出演するムロツヨシ、濱田岳、佐津川愛美(C)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 

 また追加キャストとして、岡田の同僚でユカに恋心を抱く男・安藤勇次をムロツヨシが演じることも明らかに。童貞で一途だが、それゆえにキケン(?)な雰囲気を醸し出す安藤役への抜てきにムロは、「安藤という、なんとも哀しい魅力をもった役と会えました」とコメント。「大好きな森田剛と濱田岳に挟まれて、好演しました。この場合の好演とは、好きなように演じさせてもらった、の意味です」と手応えを語ると、「"喜"と"悲"が交じりに混じった映画、皆さんに観てもらう映画ができました。観せます。観てください。最後に一言。この映画に出れて、ほんと、嬉しい。こんにちは」と自信をのぞかせている。(編集部・入倉功一)

映画『ヒメアノ~ル』は2016年5月28日よりTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 森田剛『ヒメアノ~ル』はR15+指定!容赦ない暴力描写に挑戦!