シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が首位発進!【週間レンタルランキング】

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が首位発進!
ファン待望の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が初登場首位を獲得 - (C) 2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

 10月26日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が初登場で首位を獲得した。本作はシリーズの生みの親ジョージ・ミラー監督が30年ぶりに復活させた人気シリーズの新作だ。

 資源が枯渇し、石油と水の争奪戦が繰り広げられる近未来。愛する者を失い荒野をさまよう主人公マックス(トム・ハーディ)は、民衆を支配するジョーの軍団に捕らえられる。そんな中、ジョーの右腕の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)が、奴隷として捕らわれていた美女たちを解放するために逃亡。紆余曲折を経て彼女たちと合流したマックスも、共にジョーの勢力に立ち向かう。

 先週首位の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は2位となり、連続首位記録は2週でストップした。

 3位は初登場の『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』。サミュエル・L・ジャクソンが米国大統領にふんしたアクション映画だ。フィンランド上空で米国大統領専用機がテロリストのミサイル攻撃を受けて山岳地帯に墜落。大統領は脱出用ポッドで一命を取り留めるが、米国国防総省は大統領の位置がつかめないため、救助隊を送り込めずにいた。テロリストグループが大統領を探し始める中、大統領は山にいた13歳のハンター見習いの少年と出会い、2人はテロリストグループ相手に立ち向かう。

 『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』も初登場4位にランクイン。主人公カットニス(ジェニファー・ローレンス)のサバイバルを描くアクションシリーズの最終章を2部作で描く前編。ハンガー・ゲームの闘技場から救出されたカットニスは、反乱軍の秘密基地に収容されていた。反乱軍のシンボルとなるよう説得されるが、故郷を破壊され、ゲームを共に戦ったピータが国家に人質にされていることから苦悩する。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(初登場)
2位『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(1位)
3位『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』(初登場)
4位『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』(初登場)
5位『メイズ・ランナー』(4位)
6位『新宿スワン』(2位)
7位『龍三と七人の子分たち』(3位)
8位『トゥモローランド』(5位)
9位『ワイルド・スピード SKY MISSION』(6位)
10位『ピッチ・パーフェクト』(7位)

 今週はレンタル開始となる話題作がない中、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。(取材・文:相良智弘)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 27日
  5. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が首位発進!