シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
『MOZU』男たちの正義

池松壮亮、自分のルールで生きる…悲しき犯罪者との共通項【『MOZU』男たちの正義】(1/2)

池松壮亮、自分のルールで生きる…悲しき犯罪者との共通項
シリーズを通して新谷を魅力的に演じ続けた池松壮亮 - 写真:高野広美

 妻の死の真相を追い求める公安警察の倉木尚武(西島秀俊)をはじめとする「MOZU」の男たちの中において、屈指の犯罪者でありながらファンの共感を集めるテロリスト・新谷和彦を演じた若手実力派・池松壮亮。『劇場版 MOZU』では、連続殺人犯だった弟・新谷宏美を守り続けることになる和彦の視点から、池松が「正義」について語った。

池松壮亮(新谷和彦)にとっての「正義」とは?

 人気を博したテレビドラマに参加した当時の心境を「ちょっと現場が想像できなかったというか……。撮影に入ってからも、どう演じるべきなのかをずっと考えていました」と振り返る池松。それもそうだろう。池松に与えられた役は、一卵性双生児の新谷和彦と宏美の二役。それも、殺人衝動を抑えきれない宏美のために和彦が裏社会から殺しの依頼を受け、外の人間には一人しか存在しないように見せていた……という複雑な役どころだ。ドラマのシーズン1で宏美は死亡し、和彦はシーズン2で死の原因を作った公安部部長を殺害し、逃亡する。

 劇場版で和彦は、アイスピックで人間を殺害することを好む権堂(松坂桃李)との戦いに挑む。新谷にとっての戦いとは常にイコール殺し合いだ。池松は「もちろん正しくもないし、正義でもないんですけど」と前置きしつつ「和彦は宏美を守り続けることでしか生きられないんでしょうね」とぽつり。続けて「自分も感覚というか、自分のルールに乗っかって生きていると思います。でもそれが正義なのかどうかはわからないですね……言語化はしにくいです。けどまあ、わりとのほほんとやっています」と笑う。

002
(C) 2015劇場版「MOZU」製作委員会 (C) 逢坂剛/集英社

物理的な距離を超えて芽生えた倉木=西島との絆

 だが、和彦の話になると表情から慈愛がにじみ出る。池松の表現を借りると、「無限ループ」のような和彦の生き方は、家族の幻影を追いかけてさまよう倉木の背中に重なる。「動機は違いますが、二人とも、他の人からは絶対に理解してもらえないものを背負って生きている。だから倉木のボロボロの背中を見ていると切なくなります」と池松は語った。

 そんな池松は劇場版の和彦と倉木の関係について「決して味方同士ではないけれど、それぞれの相手に向かっていっている感じ、孤独に戦い続けるさまがいい」と語る。フィリピンロケに遅れて参加した池松は、西島の現地での奮闘を伝え聞き「自分も頑張らなければ」と刺激を受けたという。物理的な距離を超えて何かを交感できる関係性が、ドラマからのコラボレーションによって生まれたようだ。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 池松壮亮、自分のルールで生きる…悲しき犯罪者との共通項