シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

原発事故、父の自殺… 母子二人、農家の葛藤を映した作品が緊急公開

原発事故、父の自殺… 母子二人、農家の葛藤を映した作品が緊急公開
土地と共に生きてきた農家の人々を襲う不条理。「これは風評じゃない、現実なんだ」 - (C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

 原発事故の影響に苛まれ続ける農家の母子と学生の交流を取り上げたドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』が、2月20日に緊急公開されることが決定した。同作は9月にポレポレ東中野で開催された「福島映像祭」で一日限りの上映が行われ、劇場公開を熱望する声に応えて実現することになった。

 2011年3月24日、原発事故を受け農作物出荷停止のファックスが、福島県で農業を営む一人の男性のもとに届いた。直後に自ら命を絶ったこの男性に先立たれた妻の樽川美津代さん、息子の樽川和也さんは、今も同じ土地で農業を続けている。汚染された土地の作物を流通させることに対する罪悪感、賠償をめぐる裁判、東京電力からの補償金、身内からの非難……。さまざまな葛藤(かっとう)を抱えながら暮らす母子二人の4年間の軌跡と、彼らのもとを訪れ、彼らの抱える「孤独」に触れる学生たちの姿を映す。

 本作で監督を務める井上淳一は『戦争と一人の女』などで知られるほか、『アジアの純真』『あいときぼうのまち』では脚本を担当し、北朝鮮の拉致、原発といった社会問題に鋭く切り込んできた。自身初のドキュメンタリー映画となる本作で、監督は決して報道されることのなかった真実を告発する。(編集部・那須本康)

映画『大地を受け継ぐ』は2月20日よりポレポレ東中野ほかで公開、2月6日よりフォーラム福島にて1週間限定・先行上映


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 13日
  5. 原発事故、父の自殺… 母子二人、農家の葛藤を映した作品が緊急公開